Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2015年6月25日木曜日

故郷のナクウォ・ナト・ノテチョン、ビドゴシチで演奏/ アムステルダム・シンフォニエッタと室内楽/ シャンゼリゼ劇場でブラームス

ブレハッチは、6月18日、生まれ故郷ナクウォ・ナト・ノテチョンの教区教会にて演奏会を開催。バッハ、ベートーヴェン、ショパン。2005年のショパンコンクールからの10年の振り返りと、彼にとって最も近しい聴衆のために。




「平和なオアシス。ナクウォはいつもそんな場所でした。ここに帰り、ここの静けさを愛し、家族や友人と過ごす。アーチストとして次の演奏という課題に取り組むために、とても大切なことです。」(ラファウ・ブレハッチ)←このビデオは残念ながら日本では見られません。

聴衆の中には、幼い頃彼の才能を発見したヤン・アンジェイチャク神父や学校の先生方も。
教会に入りきらない人々のために、大型スクリーンを外に設置。

6月20日は、ビドゴシチの@ 殉教者の元后聖マリア 教会にて演奏。

これら2つの教会で、彼は長きにわたりオルガニストとして奉仕しました。


この10年の間、彼は517の演奏会を開くため、100万キロ以上の旅をしたとのこと。

2つの演奏会の写真記事がたくさんあります。         
                             ☆ (インタビュー audio 今後の計画も)
                                                               ☆ (別のインタビュー audio)
                                                               ☆ (聴衆への感謝の言葉)



Express Bydgoski



















******
5月末から6月始めにかけ、彼はアムステルダム・シンフォニエッタと室内楽で共演しました。モーツァルトのピアノ協奏曲第23番。

5月30日  ムジークヘボウ、アムステルダム   pic
5月31日    Tivoli Vredenburg, ユトレヒト           pic
6月2日       ツォルフェアアイン、エッセン           review  pic
6月3日       ヴルツブルク・レジデンツ            review  review
6月4日       ヴィクトリア・ホール、ジュネーブ       review
6月6日       Petr Bezruc Cultural Centre, チェコ   review   ビデオ  ポーランド領事館


オランダのRadio4で、ジュネーブでの演奏会をオンデマンドで聴くことができます。
8月末ごろまできくことができます。

ドイツ、ヴルツブルクでの演奏、ウェブ放送予定。7月23日午前 01:05より 



** このモーツァルト、10年前の彼の演奏をきいたことのある方は、随分変わった、と思われるかもしれません。

写真


シンフォニエッタとのリハ風景。

*****
5月6日、RBはブラームスのピアノ協奏曲第1番でロッテルダムフィルハーモニー管弦楽団と共演しました。指揮は、ヤニック・ネゼ=セガン。シャンゼリゼ劇場にて。



*****
彼の次の来日は2017年である、と招聘事務所がようやく公表してくれました。
(6月30日追記)


*****
彼の2014年10月NY州でのリサイタルがウェブで公開になります。
日本時間で、8月10日午前7時より。

WMHTから。
(8月3日追記)