Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2015年2月25日水曜日

音楽〜人生で最も美しいもの

「集中してコンサート活動に打ち込む10年でした。(...)忙しいけれど、幸せな時を過ごしました。」
ショパンコンクールの優勝からの10年を振り返るラファウ・ブレハッチ。

「幸いなことに、音楽がいつもそばにありました。これは人生で起こりうる、最も美しいことでした。音楽は自分を裏切らず、傷つけず、人生のどんな時にも、一緒にいてくれました。」

プレスリリース (Wyborcza.pl)

pics


ポーランド大統領府のプレスリリース

iPhone だと、トップページに飛ぶようなので、こちらがURLです。
http://www.prezydent.pl/aktualnosci/ordery-i-odznaczenia/art,1423,order-odrodzenia-polski-dla-rafala-blechacza.html



オケのFBでも



2月24日、ラファウ・ブレハッチはワルシャワで5年ぶりの演奏を行いました。ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番ハ短調。

演奏:ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、指揮:ヤチェク・カスプシク

program page

演奏会の前半は、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」
休憩をはさみ、後半にブレハッチが登場しました。

ピアノ協奏曲の後、喝采にこたえて、アンコールを2曲。
ベートーヴェンのピアノソナタ「悲愴」から2楽章
そして、あの、ショパンのマズルカ作品56-2


演奏後、ブレハッチは、ポーランド復興勲章(騎士十字勲章)を授与されました。ポーランドの文化・芸術・国際交流等で功績のあった人が受ける勲章とのことで、大統領の代理として、大統領府のJacek Michałowski 氏から受け取りました。演奏会には、大統領夫人が出席なさったとのことです。


Jacek Marczyński氏のレビュー、Rzeczpospolitaに掲載

(.....) このピアニストは常に古典様式の規律を守り、感情に流されることはなかった。ラファウ・ブレハッチのピアニズム において、おそらくこれが最も重要な特徴なのだと思う。彼は変わったことや予想外のことをして、聴き手を驚かせるようなことは全く好まない。(.....)


下の写真は、演奏会をききにいったポーランドのファンの方からのプレゼントです。素晴らしい演奏でした、と。
前回11月のポズナンも行かれた由。