Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2014年11月21日金曜日

ポズナンでのスタンディング・オベーション

ラファウ・ブレハッチは11月21日夜(現地時間)、ポーランドのポズナンで演奏しました。

ベートーヴェンピアノ協奏曲第3番ハ短調
演奏:ポズナンフィルハーモニー管弦楽団
指揮:アントニオ・メンデス

Program page



4年半ぶりとなるポズナン(およびポーランド)での演奏、ポー国のファンは3年近く前から、楽しみに待っていました。(彼がインタビューで予定を公表していたのです。)前日のリハーサルは、公開リハーサルの形となりました。たくさんのプレビュー記事が書かれました。

演奏に先立ち、RBがインタビューにいくつか応じています。

インタビュー【ビデオ】 wtk.pl

Interviewer Anna Plenzler

Interviewer Marek Zaradniak

久しぶりのポーランドでの演奏について、ベートーヴェンのコンチェルトの重要性、この曲を演奏した2012年のコンセルトヘボウでのトレヴァー・ピノックとの出会い、ギルモアアーチスト賞を受賞して、今後のアルバムや演奏曲について、などなど。

RBのインタビューは金太郎飴で毎回あまり大差がないのですが、いくつか新しい話題もあり、自国語だからでしょうか、同じ話題でも細やかなニュアンスで語っているような印象があります。

かつてワタシはこのブログを純粋なファンの視点から始めました。すぐにポーランドなどのファンの方が呼応してくれて、各国の記事などをシェアしてくれるようになりました。チャットしながら楽しくブログしていました。その後ブログの視点が変わってしまいましたが、サイトの目的は、音楽家ブレハッチのプロフェッショナルな活動を伝えることで、これは最初から一貫しています。

しかし新譜の発表や演奏会予定等の活動は、さまざまな関係者のビジネス等の利害がからむ企画でもあり、公式筋の公表まで待つ、等、確認が必要な複雑な事柄がたくさん出てきて、むずかしく感じるようになりました。

ともあれ、当時のことはとても大切な思い出です。
久しぶりのポズナンでの演奏に、こうしたファンの方々への懐かしさや感謝の気持ちが湧いてきました。

おそらく、演奏後、さまざまな記事やレビューなどもたくさん書かれることでしょう。。

次回のポーランドでの演奏は、2015年2月24日、ワルシャワにて、同じベートーヴェンのコンチェルトになります。

演奏:ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、指揮:ヤチェク・カスプシク(アントニ・ヴィトの後任)

******
演奏会の記事が出ました。(演奏風景やスタオベの写真が数枚見られます)。スタオベに応え、RBはアンコールとして、ブラームスの間奏曲、ショパンのポロネーズ(英雄)とプレリュードを1曲弾いたとのことです。(11/22追記)  

↑演奏会を聴きに行ったポー国のファンの方々からの情報も含め。

photo credit gloswielkopolski.pl

別の記事です。リハの写真が見られます。   

こちは演奏会の別の写真  カデンツァ?アンコールの英ポロ?と想像です。

オーケストラのウェブサイトでもたくさんの写真

*****
放送予定です。2014ギルモアキーボードフェスティバルよりRBの演奏
ミシガン州の現地時間です。日本では平日の昼なので、きける人は少ないとは思いますが・・
(ドイツのクラオタさんからの情報)


Listen Live at 8 PM  (Michigan local time)
http://wmuk.org


December 2, 2014    Chopin: Three Mazurkas, Op. 63

December 9, 2014    Chopin: Scherzo No. 3 in C-sharp Minor, Op. 39 and other piece

January 27, 2015     Beethoven: Piano Concerto No. 3 in C Minor, Op. 37
                            Kalamazoo Symphony Orchestra
                            Conductor: Raymond Harvey