Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2013年12月30日月曜日

Memories


photo credit; marcoanelli.com/gestrures-of-the-spirit/


いくつか前の記事にも書きましたが、本格的な音楽愛好家の方々にこのピアニストの演奏を聴いていただくことが、私のやりたいことのひとつでした。もうひとつ、インタビューでもレビューでも、彼に関する正確な情報を提供して、彼と彼のファン達の役にたちたい、という思いもありました。

この目標は、ある程度、達成できたと思っています。そのために自分が使ってきた膨大な時間とエネルギーや、予期せぬ良くないことも起こったことを思うと、自分がやってきたことが本当に正しかったのか、とも思います。

しかし、まずは、できたことに対して満足しようと思っています。
ラファウ・ブレハッチ氏も、ますます人の心の糧となるような演奏をするような大きな演奏家になっていかれますように、と、静かに祈っています。


PS (1月9日追記)
ラファウ・ブレハッチ氏は、4年に1回、優秀かつ有望な演奏家に贈られる2014年Gilmore Artist賞を受賞しました。コンクールとは異なり、かなりの期間をかけ、欧米の審査員が演奏会や録音を聴き、本人にインタビューするなど秘密裏に審査し選出する、権威あるこの賞のこれまでの受賞者には、レイフ・オヴェ・アンスネスやピョートル・アンデルシェフスキといった名演奏家が名を連ねます。1月8日午後17時半(米国東部時間、日本時間9日朝7時半)より、ニューヨークでの受賞記念の演奏やインタビューがTVで生放送されました。静かにしているつもりでしたが、ファンや関係者の方からさまざまなご連絡をいただき、記念に記しておきます。彼がインタビューで述べているように、ミシガン州で開催されるギルモア音楽祭は、彼が2008年春に米国デビューをした、記念すべき場でした。あの時演奏した、モーツァルトも演奏されました。来日公演でも感じましたが、随分変わりました。感慨深いです。

こちらのリンクで、NYのGreene Spaceで行われた、受賞記念の演奏・インタビューのビデオを見ることができます。

こちらは、公共放送NPRとのインタビューです。(audio)


受賞を伝えるNYTの記事です。読み物としても大変興味深い、読み応えのある内容です。
努力していると、人生はこんなふうに開けることがあるのだ、という実例を目にした思いです。

今回審査員の目をひくきっかけとなった、2012年10月のNY州スケネクタディ郡でのリサイタルは、日頃彼の活動をフォローしている私からみても、非常に地味で小さなイベントだと感じていました。(スケネクタディ:Schenectadyの読み方をアメリカ人も知らず、人にきいてわかったという。)ネット上での事前の広報は、学内向けのお知らせ以外はゼロでした。

会場の大学の楽器は1979年製で、調律師の方が非常に苦労してなんとか演奏会に耐える音に仕上げたそうです。演奏会前の数日はお天気もどんよりと曇り、ポーランドからご一緒なさった妹さんが風邪をひいたとか。
しかし演奏会は素晴らしく、お客さんはとても感激したそうです。私も演奏の映像を少し見る機会がありましたが、彼は、いつもと変わらず、真摯に演奏していました。もちろん、ギルモアの関係者がじっと観察していたことなど、全く知らなかったわけです。

演奏会で遭遇した楽器というと、アメリカだけでも記事が書けそうです。いつか機会がありましたら。。

アメリカでのプロモも、今後は円滑に進むといいなと願っています。