Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2013年10月21日月曜日

ウェブで見かけた新譜の印象

CD 「ポロネーズ集」について

** 昨日、山野楽器に寄ったらすばらしく爽快なショパン「軍隊ポロネーズ」が流れてた。聞き慣れたルービンシュタインやポリーニよりも速めテンポだけど浮わつきなく、何よりも心の奥深くで感じ、そこから真っ直ぐ輝かしく迸る音楽の手応え。誰だろう?ブレハッチの新盤。こういう若者がまだいるんだ。


** ブレハッチの最新アルバム、ショパンのポロネーズ集のインパクトが凄い。これまでのブレハッチのイメージはもちろんポロネーズのイメージすらもぶち破るような気合の入った演奏だ。大好きな第5番では襟をただして聴き込んでしまう。ちゃんと成長しているところが素敵だなあ。
ブレハッチ株急上昇! 過去の録音をもう一度聞き直してみようかな。
(月刊「ぶらあぼ」編集長の田中泰氏)


** タワーレコード広島店 【CLASSIC】ブレハッチのショパン売れてます!担当お気に入りの作品です。試聴できます(*´ω`) pic


** ブレハッチのポロネーズ集、ようやく届いた。まだ一回目だけども、すごくいい。なんでこんな新鮮に聴こえるんだろう?初めて聴く曲かのようなドキドキ!

** 聴くたびに深化と進化を遂げるブレハッチ。彼の比類なき才能と努力と研さんを伝え、心に深く染み入ってくる。とりわけ幻想ポロネーズが印象的で、祖国とショパンに対する深い敬愛の念がうかがえる。特有の静けさと思索と知性が全編にみなぎり、難度の高い作品をより身近に感じさせる。
(伊熊よし子氏、日経への寄稿)

** 伊熊さんは、「音楽の友」11月号でも、ブレハッチの「ポロネーズ集」について、幻想ポロに焦点をあてて書いておられます。


** ブレハッチ最高。 昨日、新国立劇場でのブレハッチのリサイタル時に、幻ポロが素晴らしすぎて涙が出たということを先輩に話したんだけど、久しぶりにTwitterあけたらブレハッチがCD出す情報が載っていました。もちろん、ブレハッチのHPをチェック☆即予約。たのしみ


** ブレハッチの新譜、やっぱり素晴らしいな♪ポロネーズだけをまとまて聴くことがなかったので、改めて作品自体の良さと、ポーランドの心みたいなものをずっしり感じました。早く生で聴きたいー✺◟(∗❛ัᴗ❛ั∗)◞✺


ブログで見かけた新譜の印象


*****
最後のコメントの方を含め、大勢のファンの方が、東京以外から、(まさに北海道から沖縄まで)、来日公演に行かれるようです。これが最初で最後になるかも、と遠方の方がメールに書いておられました。
きっと凄くいい体験になって、ずっと心に深く残るだろうな、って思いました。