Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2013年9月30日月曜日

ブレハッチ、ポートランドでのデビューリサイタル

9月29日(日曜日)午後16時(日本時間30日午前8時)より、ラファウブレハッチはオレゴン州ポートランドのポートランド州立大学リンカーンホールにて、リサイタルを開きました。今日のプログラムは前半モーツァルト・ベートーベン、後半ショパンで、来日公演と同じです。
満席となった会場からは大きな喝采とブラボーが響き、彼はアンコール1曲で返したということです。

Program page

主催者の Portland Piano InternationalのFBでは

"This afternoon's sold-out crowd gave him three standing O's and his performance of Chopin's Scherzo No. 3 alone is worth the price of admission. "
3回もスタンディング・オベーションが起こったが、スケルツォ3番だけでも入場料の価値があった!

また、聴衆のひとり、Jana Hanchettさんのツイートでは、

"Clearly Blechacz is at home wherever he can play Chopin; we were all flying in the Scherzo (op 39, no.3). Anticipating Szymanowski tmrw!"

彼はどこでショパンを弾いても、ショパンの心に通じている。スケルツォ3番は夢心地だった。明日のシマノフスキが楽しみ!
(明日は、ドビュッシーとシマノフスキ、ショパンのプログラムの予定。)

Jana Hanchettさんは、ブレハッチのインタビュー記事を書いた方です。