Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2013年8月22日木曜日

ポロネーズop.44も。

ユニバーサルミュージックのウェブサイトで、ポロネーズop.44も、一部聴くことができます。
この音楽に対する誇りが感じられる。かっこいいです。

Universal Music Japan Rafał Blechacz

from Amazon
DGニュースレターより "Rafal Blechacz"


*****
新アルバム「ショパン・ポロネーズ集」について、録音は、ハンブルクのフリードリヒ・エベルト・ホールにて行われました。DGのウェブサイト等の記載のとおりです。”録音はルートヴィヒスハーフェン”、と記載している音楽サイトがありますが、事実ではありません。


*****
アントニ・ヴィトが、今年のプロムスでの演奏会をもって、ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督としての仕事は最後であった、とのイギリスのレビューを見ました。今後もクラクフの管弦楽団や、ナバーラ交響楽団の仕事は続けるとのことです。

私の記憶が正しければ、ブレハッチとヴィトの最後の共演は、昨年5月、プラハの春でのコンサートでした。(RBはベートーベンの4番コンチェルトを演奏。)

Guardian's review
classicalsource.com