Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2013年5月31日金曜日

シューマンのピアノ協奏曲、ケルンにて。

ラファウ・ブレハッチは、シューマンのピアノ協奏曲イ短調を、マーラー・チェンバー・オーケストラと4回連続で演奏します。指揮はダニエル・ハーディング

一回目の演奏がケルン・フィルハーモニーにて先ほど終わりました。演奏を終えるや、ブラボーの声と嵐のような拍手が起き、喝采は長く長く続きました。彼はアンコール2曲を弾いて、熱い拍手に感謝しました。

ケルン・フィルハーモニーは、2月に彼がインフルエンザになり回復した時、初めてリサイタルを開いた、思い出深い場所です。あの時も、いつまでも拍手が鳴り止まなかったといいます。楽器も同じで、とても良い楽器、とのことでした。

Program page

ラファウはこの後、ドルトムント、エッセン、チューリッヒで、MCO、ハーディングと共演します。
MCO、ハーディングは来日直前の演奏会になります。

ケルン大聖堂