Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2013年3月21日木曜日

サンセバスティアンでの熱烈な喝采

ラファウ・ブレハッチは今週スペインのバスク地方にいます。
3月20日、日本時間の21日早朝、エウスカディ交響楽団(バスク国立交響楽団)の演奏会@クルサール国際会議場ホールに、ソリストとして参加、ベートーベンのピアノ協奏曲第2番を演奏しました。指揮は、ジョアナ・カルネイロ。熱烈な喝采とブラボの声が長く続き、彼はアンコール1曲を弾きました。


プログラムページ
プレス・リリース

プログラムブック
バスク語ですが、綺麗です。

クルサール国際会議場ホール
クルサール国際会議場のビデオあります



ジョアナ・カルネイロのFBより

** ヨーロッパ北部は所により厳しい冬の寒さや雪が続いています。当地スペイン北部は比較的穏やかですが、昨日の気温は11度だったとのこと。