Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2012年12月28日金曜日

感謝をこめて、2012年。

English

2012年1月下旬、待ちに待ったラファウ・ブレハッチの新譜「ドビュッシー・シマノフスキ」がリリースとなり(日本での正式リリースは2月15日)、

欧州を中心に多くの、非常に好意的・高評価のレビューが次々と出されました。

例:イギリス発のレビュー
「・・・このドビュッシーとシマノフスキの組み合わせは、ブレハッチが一芸のみのピアニスト以上であることを証明している。彼は途方もなく幅広いキーボードタッチと色彩を持った、構想力と認識力に優れたアーチストである。・・・彼の演奏に、露骨さや虚飾は全くない。・・・ここでも、彼の明晰な演奏は別格だが、演奏を形成するための知性もまた人並み外れている。これは非凡なディスクである。(ガーディアン)

1月中に精力的にプロモーション用の取材を済ませたブレハッチは、2月から演奏会活動を開始。ソロ・リサイタルではバッハ、ベートーベン、シマノフスキなど、コンチェルトではベートーベンの作品で、欧州を中心に、計44回の演奏会を行いました。

春は私にとって挑戦的な時期でした。CDだけでなく演奏会に関するレビューも次から次へと出され、その分量の多さにうつ状態になるほどでした。(うれしい悲鳴というべきですね。)

この春の時期2-4月には、日本語ブログのタイムリーな更新がほぼ不可能になってしまい、このまとめ記事でもリンク先が英語のものが時々混ざっています。


グラモフォン誌の、今月のディスクに。


*****
Live performances, 2012

program website ☆
review ★

2月3,4,5日
ベートーベンピアノ協奏曲第4番(スペイン国立管弦楽団、指揮:ジョセップ・ポンス)@マドリード国立音楽堂 

2月25, 26, 27, 28日
ベートーベンピアノ協奏曲第4番 (サンタ・チェチーリア音楽院管弦楽団、指揮:アンドレス・オロスコ=エストラーダ)@パルコ・デル・ムシカのアウディトリウム、サラ・サンタ・チェチーリア  

3月2日 @サラ・フィラルモニカ、トレント   
3月6日 @ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院、ミラノ  fan
3月9日 @リヨン・オーディトリウム
3月14日 @パレ・デ・ボザール、ブリュッセル 
3月18日 @Nieuwe Kerk (New Church)、ハーグ fan
3月21日 @ルクセンブルク・フィルハーモニー 

4月16日 @NDR Großer Sendesaal、ハノーファー 
4月18日 @ライスハレ、ハンブルク 
4月20日 @Kongresshaus Stadthalle、ハイデルベルク
4月22日 @Stadttheater、ヴェルス  Video
4月27日 @Kultur-und Kongresszentrum Liederhalle、シュトゥットガルト  fan



5月10日 ベートーベンピアノ協奏曲第4番(チボリ交響楽団、指揮:アレクサンドル ポリアニチコ)@チボリシンフォニーホール、コペンハーゲン 

5月11日 ベートーベンピアノ協奏曲第3番(演奏:ブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団、 指揮:トレヴァー・ピノック @アムステルダム・コンセルトヘボウ ☆fan インタビュー

5月22日 ベートーベンピアノ協奏曲第4番(ミラノスカラ座フィルハーモニー管弦楽団、指揮:ファビオ・ルイジ)@ミラノスカラ座 



5月25日 ベートーベンピアノ協奏曲第4番(ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、指揮:アントニ・ヴィット)@スメタナホール、プラハ  

6月6日 Mercatorhalle im CityPalais デュイスブルク 
June 11 @ auditorium cité de la musique, ストラスブール 
June 12 @サルプレイエル、パリ  Interview

6月28日 ベートーベンピアノ協奏曲第4番(ミラノスカラ座フィルハーモニー管弦楽団、指揮:ファビオ・ルイジ)@マリインスキー劇場、サンクトペテルブルク  


7月21日 ベートーベンピアノ協奏曲第2番 (モンテカルロフィルハーモニー管弦楽団、 指揮:ロベルト・アバド)@サン・ミッシェル教会、マントン 

7月23日 ラロックダンテロン・フェスティバルでリサイタル  インタビュー

** 7月中、今年のECHO賞の受賞者が発表されました。
ラファウ・ブレハッチのアルバム「ドビュッシー・シマノフスキ」は、ドイツの音楽賞ECHO Klassik 2012のSolo Recording of the Year (ピアノ、20/21世紀作品)を受賞しました。

Best of Klassik 2012が10月に発売


9月28日 @フランクフルターホフ、マインツ 

10月10日 @ユニオン・カレッジのメモリアル・チャーチ、NY州  
10月12日 @デューク大学、NC州  インタビュー

11月7日 トーンハレ、デュッセルドルフ
11月12日 サル・ポワレル、ナンシー  
11月15日 L'Auditori、バルセロナ  
11月19日 テアトロ・プリンシパル、アリカンテ 
11月21日 バルアルテホール、パンプローナ  
11月22日 プリンシペ・フェリペ公会堂 オビエド  
11月26日 El teatro Pérez Galdós、ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア 

12月5, 6日 ベートーベンピアノ協奏曲第2番 (ルツェルン交響楽団 指揮:ジェームズ・ガフィガン)@ルツェルンコンサートホール   

12月7日 ベートーベンピアノ協奏曲第2番 (ルツェルン交響楽団 指揮:ジェームズ・ガフィガン) @ビクトリア・ホール、ジュネーブ 

12月11日 ベートーベンピアノ協奏曲第2番 (ヴィンタートゥール・ムジークコレギウム管弦楽団、 指揮:ダグラス・ボイド) @Kultur-Casino、ベルン 

12月12, 13日 ベートーベンピアノ協奏曲第2番 (ヴィンタートゥール・ムジークコレギウム管弦楽団、 指揮:ダグラス・ボイド) @Stadthaus ヴィンタートゥール 


*****
今年のブログ記事で、日・英共通でもっとも反響が大きかったのは、おそらくこれだと思います。

「僕は色がきこえる。」

私も共感覚の持ち主です、という声をたくさんききました。興味深いことに、皆さん、同じ音階から違う色をきいておられるのです。ブレハッチとまったく逆のきこえ方(見え方)をするフランスの方が、「にもかかわらず、音楽を同じように感じるのはおもしろい。」とおっしゃっていました。



↓ そして、こちらはむしろ、外国からの反響が大きかった記事でした。

CD「ドビュッシー・シマノフスキ」日本版に載せられた、ブレハッチによるメッセージ
(原文に忠実に訳した、私の訳です。CDに載っているユニバーサルの訳とは異なります。)

「2011年3月に貴国を襲った自然災害とその悲劇的な結果を目の当たりにし、私の心からの連帯と共感のしるしとして、このドビュッシーの《月の光》の演奏を、私のピアノを聴いてくださる日本の皆さんに特別に捧げます。」 - ラファウ・ブレハッチ

This performance of Debussy's Clair de lune is specially dedicated to my audiences in Japan as a sign of my heartfelt solidarity and compassion in the face of the natural disaster that struck your country in March 2011 and its tragic consequences. - Rafal Blechacz


しかし、日本語のブログに限って言えば、いちばん閲覧数の多かった記事は、なんといってもダントツで、来年2月の来日公演日程のお知らせです。

ラファウ・ブレハッチ来日日程

もうひとつ、日本特有の反響があったのが、ポーランド公共放送TVPによる、ブレハッチのインタビュービデオ

インタビュービデオ
この中で、ブレハッチがハノンを弾く様子が、日本の音楽ファンやピアノを弾く方々の中で話題となったようです。

今年もこのウェブサイト・ブログを読んでくださって、どうもありがとうございました。
個人的には、春にこのアーチストの生演奏を聴く機会に恵まれ、畏れと尊敬と、同時代に生まれた幸運への感謝の気持ちをあらたにいたしました。

では、2年4か月ぶりの来日リサイタルを楽しみに、
皆様にとって、来年も素晴らしい1年となりますように!

2012年12月20日木曜日

さいたま芸術劇場、追加発売

ラファウ・ブレハッチの、さいたま芸術劇場でのリサイタル、2013年2月2日は、チケット完売していますが、関係者枠の放出により、若干の枚数を、販売するそうです。(おそらく、良い席かと思います。)

12月22日午前10時より

0570-064-939まで

**12月26日夜現在、まだ若干枚のチケットがあるそうです!


*****
伊熊よし子さん著「おいしい音楽案内」(PHP新書)を読みました。スペインとフランスの作曲家や音楽が紹介されていますが、ラファウ・ブレハッチのことが、数ページ出ていました。コンクールの時の感激で、すでにいろいろな機会に書いておられる内容ですが、文脈としてちょっと意外でした。

本選の演奏直後のブレハッチの言葉を引用しておられます。
「・・・なにも考えません。自分にできることはすべて行なったつもり。あとは神が決めてくれます。」

私の印象では、彼は今でも、そんな風に生きているように見えます。

amazon.co.jp おいしい音楽案内


ガーディアン、Best classical albums of 2012

ガーディアンの評論家が、今年のベストアルバムをそれぞれ選出しました。
アンドリュー・クレメンツの選んだベストアルバムに、ラファウ・ブレハッチのドビュッシー・シマノフスキが入っています。

ガーディアン

クレメンツ氏のレビュー

**
何度も書きましたが(すいません、しつこくて)、私にとって思い出となるレビューでした。
どこで誰とどんな風に喜び合ったか、本当によく覚えています。。

Season's Greetings 2012

皆さま、楽しい幸せなクリスマスと、素晴らしい新年をお迎えください ♫


**クリックすると、アニメ・カードが開きます。♫

2012年12月17日月曜日

ポーランドラジオ2とのインタビュー、podcast

English

12月17日、Polskie Radio2で放送された、ラファウ・ブレハッチのインタビューが、podcastに入りました。12月初旬に収録。

Polskie Radio2 プログラムサイト

(以下は、ポーランドの方々に手伝っていただいて作成した訳です。私達がすでによく知っている内容など:例えば、コンクールでの優勝が自らのキャリアにどう影響したか、ステージでの演奏とCD録音との関係、など、は省いています。)

ラファウ・ブレハッチとのインタビュー、スイス・ルツェルンでの演奏の後に
きき手:Krystyna Nurczyk


(インタビューの冒頭、ブレハッチは12月から2月にかけての演奏会スケジュールについて話しました。イギリス・ドイツ・スイス・ルクセンブルクでのコンチェルトの予定に加え、日本でかなり集中的なツアーもあり、また初めてのソウルでのリサイタルも楽しみにしている、とのことです。)

Q オーケストラとのコンチェルトは、ソロリサイタルとは準備のしかたが違いますか。

そうですね。今回は指揮者もオーケストラも初顔合わせでした(ルツェルン交響楽団、 ジェームズ・ガフィガン)。しかし、もういろいろなオーケストラと数多く共演してきましたし、繰り返し共演している場合もあるので言えるのですが、優れたオーケストラと演奏するのはいつもとても楽しいことです。演奏をしながら一緒にルバートのようにテンポを揺らしたりします。指揮者とソリストが、パーソナリティや解釈、音楽そのものを一緒に調整することによって、あるフレーズを演奏するときに、「同じ空気を呼吸」できるようになることは、非常に重要です。そうすることができれば、オーケストラのメンバーも適切に反応することができ、解釈全体がとても自然になるのです。

[…]

このインタビューとは関係ない写真です
Q 演奏の仕方はどんな風に決めるのですか。

私達が音楽作品の中で何を経験するかは、まず、作品の内容によって違います。感情もとても重要です。しかし、音楽家はまず、自分自身の直感に耳を傾けるべきです。古典派の作品、例えばハイドン、モーツァルト、ベートーベンの作品ですと、ウィーン古典派の様式とは何なのかを知っておく必要があります。そのために古典派に関する本に目をとおし研究することです。さらに、自分の心に耳をすませ、それを聴衆に伝えること、それらを自然に行うことが求められます。なぜなら、解釈の中にほんの少しでもわざとらしさがあると、聴衆はそれをききとってしまいます。しかし、解釈が自分の心や魂の深いところから出てくるのであれば、それは真実のものであり、説得力がでてきます。

Q ブレハッチさんの場合はとても繊細で、ピアノの上に細やかな霧が漂っているかのようです。

どんな曲を演奏するかで随分違ってきますよ。たとえば、今回私が演奏したベートーベンのコンチェルト(2番)ですと、大きな音量や圧倒的なフォルテシモによるダイナミクスは必要ありません。ベートーベンの初期の作品で、この作曲家の個性的な作風が開花し始めた頃の作品です。聴衆の中にはこれをモーツァルトの曲だと思う場合もあるようです。つまり、このような繊細さが曲の特徴となっているのです。しかし、もし私が別の曲を弾くとしたら、例えばラフマニノフやブラームスのコンチェルトを弾くとしたら、全く異なった性質の音を出さなくてはなりません。実際、さまざまな作品を演奏するとき作られる雰囲気は、それぞれが独自のもので、その雰囲気はその場限りで消えてしまう・・そういうこともあります。

Q その曲に向けて「成長しよう」としているような曲はありますか。

はい、あります。いつでも心の中で次はこの曲を、と考え準備している曲はありますね。レパートリーを築いていくための戦略や、今後数年間たどっていく道筋を持っていることは、自分にとって大切です。

Q そして、その先には何があるのでしょう。

(笑いながら)そういうことは言えないことになっています。今の段階で言えるのは、次のシーズンの計画でしょうか。まもなく、ショパンのソロピアノ曲をドイツ・グラモフォンのために録音します。今回はポロネーズ全曲になると思います。マズルカを全曲録音する夢も持っていますが、もう少し先になるでしょう。しかし今は、ショパンの作品のうち、ポロネーズに焦点をあてています。[…]
(以上)

*****
このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。


*****
音友から今月出た「新編ピアノ&ピアニスト」、ラファウ・ブレハッチの部分は2008年版(2007年発売)と同様、真嶋雄大氏が担当され、記述内容に大きな変化点はありません。2008年には「大きく飛躍する若き巨匠たち」に分類されていたのが、最新版では「世界の名ピアニストたち」の中に入っています。
(もう5年たつのか、と個人的にびっくりしています。。)
















旧版の表紙



2012年12月14日金曜日

ヴィンタートゥールで今年最後のコンサート


12月13日(日本時間の今日未明)、ラファウ・ブレハッチはスイス・ヴィンタートゥールで、ベートーベンピアノ協奏曲第2番を演奏しました。ブレハッチの今年最後の演奏会でした。

前日同様、聴衆から熱い喝采とブラボ、足音を受け、アンコール2曲で感謝しました。

プログラムページ

演奏:ヴィンタートゥール・ムジークコレギウム管弦楽団
指揮:ダグラス・ボイド



Stadthaus Winterthur

私の記録が正しければ、ブレハッチが前回ヴィンタートゥールで演奏したのは、2008年3月のことでした。その頃は彼の演奏活動を追っていますと、”初めての”とか”XXデビュー”という言葉をよく目にしました。たとえば、コンセルトヘボウでのリサイタル・デビュー(2007年10月、コンチェルトではすでに2006年に)、ウィーンのコンツェルトハウスデビュー(2007年11月)、パリでのリサイタルデビュー(2008年1月)、初めてのイタリアツアー(2008年2月、とてもタイトなスケジュール!)、初めてのスイスツアー(2,3月)、北米デビュー(4,5月)、ザルツブルク音楽祭デビュー(8月)、ニューヨークフィルとNYデビュー(10月)、ロンドンフェスティバルホールデビュー(11月)などなど。でもすでに本当にマチュアで霊感あふれる演奏家でした。初めて演奏を聴いて以来、ずっとそのピアノを敬愛しつつ活動記録をとり続けることができたことを、有り難く感じます。

2012年12月13日木曜日

スイス、ヴィンタートゥールでのアンコール2曲


12月12日(日本時間の今日未明)、ラファウ・ブレハッチはスイス・ヴィンタートゥールで、ベートーベンピアノ協奏曲第2番を演奏しました。

演奏:ヴィンタートゥール・ムジークコレギウム管弦楽団
指揮:ダグラス・ボイド

今日は、プログラムの後半がベートーベンのピアノ協奏曲第2番という曲順でした。ベートーベンの演奏後は、熱狂的な拍手、ブラボの声、足を踏み鳴らしての喝采となり、ラファウ・ブレハッチはアンコール2曲で返礼したということです。

2012年12月12日水曜日

ベルンでのベートーベン

12月11日、ラファウ・ブレハッチはスイス・ベルンのKultur-casinoで、ベートーベンピアノ協奏曲第2番を演奏しました。
演奏:ヴィンタートゥール・ムジークコレギウム管弦楽団
指揮:ダグラス・ボイド

盛大な拍手とブラボの歓声に応え、彼はショパンのワルツとマズルカで感謝しました。
スイスでの演奏はあと2回。

program page

Musikkollegium Winterthur program page








2012年12月10日月曜日

ジャパンアーツのウェブサイトより、ブレハッチのインタビュー(2)

ラファウ・ブレハッチが来日を前にこたえたジャパンアーツによるインタビュー、後半部分も公開されました。
オルガン、バッハ、哲学について→

インタビューの前半

デンマークのウェブサイトより


デンマークのウェブサイト Politiken.dk/kurtur より
2012年クラッシック音楽のトップ20のイベントを選出していますが、

ラファウ・ブレハッチのアルバム「ドビュッシー・シマノフスキ」が第4位にランクしています。

「ドビュッシーのピアノのためには、新古典主義を冷静に表現し、版画は官能的でやはり冷静な優雅さを表している。また、ポーランド人シマノフスキの作品は見事な出来栄えで、26歳のブレハッチが偉大な演奏家であることを示している。」
(この訳はアバウトです。単語を見てこんな感じかな、と。)




掲載されていた写真は、おそらく今年5月10日の演奏会のものではないかと思います。(これも想像)
コペンハーゲンのシンフォニーホールにて、ベートーベンのピアノ協奏曲第4番を演奏しました。(演奏:チボリ交響楽団、指揮:アレクサンドル ポリアニチコ)。

*****
このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。

2012年12月8日土曜日

ビクトリアホールでの鳴り止まない拍手


ラファウ・ブレハッチは12月7日、日本時間の今日未明、ジュネーブのビクトリアホールにて演奏しました。ルツェルンと同様のプログラムですが、ルツェルン交響楽団、 ジェームズ・ガフィガンとの共演はこれが最終日です。ルツェルン同様、鳴り止まない拍手に応え、アンコールを2曲演奏しました。

Program of Le Grands Interprètes

from Luzerner Sinfonieorchester
















2012年12月7日金曜日

ルツェルンで2日目の演奏会

ラファウ・ブレハッチは12月6日、日本時間で7日の早朝、ルツェルンで2日目の演奏会にのぞみ、再び大喝采を受けました。プログラム、オーケストラ等は初日と同じです。ホールの音響、オーケストラ、指揮者、全部良かった!とのことでした。ブラボ。

2012年12月6日木曜日

止まらない大喝采~ラファウ・ブレハッチ、スイスのツアーを開始。


ラファウ・ブレハッチは、12月5日、スイスのルツェルンにて、ベートーベンのピアノ協奏曲第2番を演奏しました。日本時間の今日早朝でした。
演奏:ルツェルン交響楽団
指揮:ジェームズ・ガフィガン

「大喝采といつまでも止まらない拍手で、ラファウ(と指揮者のガフィガン)は何度もバックステージから、熱心な聴衆とルツェルン交響楽団の前に戻された。彼はショパンのマズルカで感謝を表した。」
(R.F.)
program page

今月ラファウ・ブレハッチはあと5回、スイスでこのベートーベンを演奏します。「しばらくコンチェルトに集中します」、と述べていた時期が始まりました。

ジャパンアーツwebsiteより「ラファウ・ブレハッチがプログラムについて語る(1)」

ジャパンアーツwebsiteより「ラファウ・ブレハッチがプログラムについて語る(1)」→

2012年12月4日火曜日

さいたま芸術劇場完売

ラファウ・ブレハッチのリサイタル@彩の国さいたま芸術劇場(2013年2月2日)と、京都バロックザール(2月8日)は、チケット完売しました。

↑京都、まだ少々あるそうです。(12月7日追記)