Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2012年9月26日水曜日

過去記事アーカイブ

19歳のラファウ・ブレハッチがモーツァルトの協奏曲23番を弾いた時(指揮イェジー・マクシミウク、演奏シンフォニア・ヴァルソヴィア、2005年4月)、マエストロが言いました。「この2楽章は人間には書けない。神が書いたのだ。神がモーツァルトの手を使って。」

「僕は叙情的な第2楽章を弾いたとき、本当にそうだと感じました。」(ラファウ・ブレハッチ)。

彼がハノンを弾いた例のビデオの18分位のところで、モーツァルト23番の第1楽章のさわりを少しだけ聴くことができます。

・・・というようなことを、最近時々ツィートしています。