Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2012年7月22日日曜日

マントンの教会にて美しく響いた、ブレハッチのベートーベン協奏曲第2番(フランス)

English

7月21日、ラファウ・ブレハッチはフランス南東部のリゾート地マントンにある、サン・ミッシェル教会の前庭にて、ベートーベンのピアノ協奏曲第2番を演奏しました。第2番協奏曲の演奏会での演奏は初めてかと思います。

演奏:モンテカルロフィルハーモニー管弦楽団
指揮:ロベルト・アバド(クラウディオ・アバドの甥)

マントン音楽祭のプロブラムブック

「ラファウのベートーベン2番の演奏に、大きな拍手が長く続いた。今夜彼は、ヤマハのコンサートピアノで演奏した。アンコールは2曲、ショパンのマズルカを弾いた。教会の前庭でのオープンエアのコンサートで、少し風があり、雷雨が近づいてきたが、なんとか持ちこたえた。指揮者はロベルト・アバド(当初予定されていたヤクブ・フルシャから変更)、クラウディオ・アバドはおじにあたる。」
(R.F.)
















サン・ミッシェル教会は、1999年、法王ヨハネ・パウロ2世がBasilica Minorのタイトルを与えた、ということです。