Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2012年6月23日土曜日

Subtle moments of Blechacz's talking

ラファウ・ブレハッチの最近のインタビューについて、「彼の話し方は自然体でリラックスして、」「真摯で、時々ユーモアがあって、」「彼のピアノのように、流れるように話しますね。」などなどの感想を耳にしました。本当に、彼の声のトーンは概ね明るく、話し方には演奏に通じるような要素をたくさん感じます。ときどきはっとするのが、メゾフォルテ位からすっとピアノに落ちる時です。

先日のパリでのインタビューで、18:20位のところ、
"....it's fine because I have a lot of good musical agencies and they are doing very well.  And it's very important (ここでピアノに)to keep a right balance between giving concerts and between normal private life, between the time for preparing new....preparation for new program for next recordings, next concerts. So...."


思い出したのが、CD「ドビュッシー・シマノフスキ」のプロモ・インタビューでも、はっとしたことがありました。2:07位から。
聞いていて、こちらの心も静かになりました。





.....And I'm now very happy that I can record a few pieces for the next CD.  I chose the Prelude and Fugue in C sharp minor and the first Sonata opus 8: a big piece, four movements, a lot of emotions, a lot of culminations, but also a lot of ....(ここでピアノに) subtle moments; deeply moving fragments like the second movement for example.   What is also interesting in this sonata; we can hear a part from all expression; we can hear that the classical approach was very close to Szymanowski.....

「ドビュッシー・シマノフスキ」の全プロモ・ビデオはこちら。

*****
週末にレビューでも訳したかったのですが、ちょっと時間がとれず、このような小話で失礼します。(゚・゚*)

あと1週間で、ラファウ・ブレハッチの誕生日ですね。Birthday Cardをアップしました。