Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2012年6月5日火曜日

日経の夕刊にブレハッチのアルバムについて記載がありました。

日本経済新聞の夕刊(5月31日)のMonthly Music Salon 「ドビュッシー・イヤーを記念する特別企画」 に、ラファウ・ブレハッチのアルバムについて記載がありました。
(引用)
・・・録音では、ラファウ・ブレハッチがドビュッシーの「ピアノのために」「喜びの島」(ユニバーサル)などの作品と、彼の祖国ポーランドの作曲家シマノフスキの作品を組み合わせた個性的な選曲で透徹した響きを聴かせている。とりわけ、日本の震災に対して特別に録音された「月の光」がブレハッチの純粋でひたむきな性格を写し出し、涙がこぼれるような美しさだ。(伊熊よし子氏)
(以上引用)















** 仕事のパートナーのY子さんに先ほど教わりました。アリガトウゴザイマス♫