Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2012年3月15日木曜日

パレデボザールでのオベーション/ グラモフォン誌でも新アルバムに言及(UK)

ラファウ・ブレハッチは、3月14日、ブリュッセルのパレデボザールでリサイタルを開催、毎曲ごとに大きな拍手となり、最後は大ホールの半分くらいの聴衆が立ち上がって感謝の拍手を贈ったそうです。


**フランスのカルメンさんがこのリサイタルに参加、ご自身のブログに印象と、サインに応じるアーチストの写真を掲載していらっしゃいます。



*****
次の演奏会は18日の日曜日、ハーグの Nieuwe Kerk (New Church) にて。








プログラムページ
"Rafal Blechacz is one of the most exciting pianists of his generation. After his debut at the Concertgebouw, that was sold out, the Dutch daily Parool wrote: ‘divinely playing Blechacz becomes Chopin’. The Dutch daily called his playing ‘miraculously beautiful, moving and discerning.’ The ‘Polish piano wonder’ (Dutch daily De Telegraaf)’ won the prestigious Chopin Concours in Warsaw in 2005. He prepares each recital with almost religious devotion and thus achieves such a high degree of perfection. Blechacz normally performs in large concert halls. To hear him play in the intimate surroundings of the Nieuwe Kerk is a chance in a million".

*****
アルバム「ドビュッシー・シマノフスキ」を高く評価するレビューが相次いで出されているイギリスでは、グラモフォン誌の「シマノフスキ」の死後75年の特集記事で、ピアノ曲の筆頭に彼のアルバムが言及されています。この記事を読んで、イギリスでは、シマノフスキ作品の評価が非常に高い、という印象を受けました。ブレハッチのアルバムが注目されている、ひとつのバックグラウンドのような気がします。