Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2012年3月19日月曜日

日本の雑誌でのCD評

ラファウ・ブレハッチの「ドビュッシー・シマノフスキ」について、

レコード芸術4月号
「レコード芸術特選盤」、濱田滋郎氏と那須田務氏がともに「推薦」をつけています。

「前衛的で神秘的、繊細かつ透明な詩情」(シマノフスキ by 那須田氏)

先月号では、下田幸二氏のプレビューがありましたね。

さらに、吉田秀和氏の「之を楽しむ者に如かず」でも、ブレハッチのこのCDを中心に、テーマが展開されています。
「フランス音楽とはなんだろう?―ブレハッチを聴いて―」
こんな歯切れの良いドビュッシーは初めて聴いた。音もきれい。・・・ブレハッチのドビュッシーは、・・・小気味のよいくらい若々しいドビュッシーになっている。


音楽の友4月号
今月の注目盤の中で、伊熊よし子氏が最初にとりあげています。
「ブレハッチの静謐、平穏、内省的な表現はここでも威力を発揮、全編が高貴な香りにつつまれている。・・・」

月刊ショパン4月号
道下京子氏のCD Pick Upでも、取り上げています。