Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2012年1月6日金曜日

ロシア語のウェブサイトから。

というわけで、ためしにロシア語のラファウ・ブレハッチ Рафал Блехачで検索してみたところ、山のような情報が検索結果に現れました。とても見きられる量ではありませんが、どうやらコンクール直後の時期を避けてもっと最近ですと、わりあい落ち着いているようです。

このビデオ画面は、2011年11月11日のイベントを振り返るTV番組のようです。この、tvkultura.ru.  の、02:24 -02:33 に、ラファウ・ブレハッチがコンチェルトを演奏している動画が出てきます。ナレーションがラファウ・ブレハッチ、ワルシャワ、ショパン、シマノフスキ、グジェゴシュ・ノヴァク、そしておそらくプレイエルと言ってるようで、(たぶん)去年11月11日ののサル・プレイエルでの演奏会の映像だと思います。
コンサートを見に行かれた方が、TVカメラが入っていた、とおっしゃっていたのですが、それがこれでしょうか?ポーランドのTVかな、と想像していたのですが。。


訂正:すみません、このビデオでのブレハッチは、2011年11月11日に撮ったものではありませんでした。2006年5月、モスクワでの演奏のようです。失礼しました! (by 管理人Akiko、1月9日追記)



*****
また、こちらは、2010年2月22日、ショパン年のショパンバースディウィークの初日、ラファウ・ブレハッチがワルシャワで、ショパンコンチェルト第2番を演奏した直後に応じたインタビューです。

このページの下の方、赤いスピーカーのアイコンをクリックすると、インタビューが聞けます。
オリジナルが英語、ロシア語のボイスオーバーがかぶっていますが、ブレハッチの声もよく聞こえます。

インタビューの概要がわかります。

そして、日本語
機械翻訳の日本語はかなり崩れてしまいますが。。


*****
ブレハッチは、2006年5月7日、モスクワ音楽院大ホールにて、ショパンのコンチェルト第1番を演奏しました。(マリインスキー劇場管弦楽団、指揮: ヴァレリー・ゲルギエフ)。このコンサートが2010年2月にテレビ放送され、 こちらのサイト で、有料ストリーミングサービスを提供しているようです。(私は試してみる勇気はないのですが)、少なくとも何枚か、演奏会の写真が見られます。ラファウ・ブレハッチ、20歳の映像ですね。