Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2011年6月30日木曜日

ラファウ・ブレハッチ、ビドゴシチの母校を訪問

ラファウ・ブレハッチは、26歳の誕生日である6月30日、ビドゴシチの母校の音楽アカデミーを訪れ、学生や市民の質問に答えました。地元のウェブサイトによります。(英語)。



こちらは、MM Bydgoszcz(ポーランド語)の記事です。インタビューの直後の速報でした。そのまま引用します。

(引用)
26歳の誕生日、ラファウ・ブレハッチはビドゴシチの音楽アカデミーで、市民に会った。インタビューの後、ミニリサイタルを開いた。

ブレハッチは、第15回ショパンピアノコンクールの優勝者。以来、彼のキャリアは加速して前進し、世界中で演奏している。

どこの聴衆が一番素晴らしいですか?
「演奏するのは、どこも全部大好きです。しかし、おそらく、ファンクラブは日本が一番凄いですね。日本に行くと何ヶ所か違う場所で演奏会がありますが、ファンクラブのメンバーの多くは、どの会場にも来てくれます。」とブレハッチは述べた。

各ゲストは、ナクウォ生まれのアーチストに質問することができた。質問の多くは、ラファウ・ブレハッチの日常生活に関するものだった。

「朝食、ピアノ、本、ピアノ・・・。」とピアニストは冗談っぽく語った。
(引用終わり)

******************************

こちらは、Gazeta Bydgoszcz(ポーランド語)の記事、やはり速報です。そのまま引用します。

(引用)
ブレハッチは、ビドゴシチで26回目の誕生日を祝った。市民と会った際、1時間以上にわたって、音楽ファンの質問に答えた。

音楽アカデミーの関係者は、バラの花束と、「スト・ラト」の美しい歌声で彼を歓迎した。

「これを聴くと、ああ、音楽アカデミーにいるという感じがしました。」と彼は言い、彼らの祝福に感謝した。彼が大学に着いたとき、彼のアメリカ、プリンストンの家族と、世界中の彼の演奏会に訪れるという、ファンクラブのメンバーが同行していた。

「彼の音楽は格別に繊細で純粋です。私たちは彼のピアノを聴くのが本当に好きなんです。」と、ブレハッチの誕生日に合わせて特別に横浜から訪れたというXX(モト記事では名入り)は語った。ただ、ビドゴシチでは、彼は何も演奏しなかった。ピアノのそばに座り、写真用にポーズをとっただけだ。しかし、ビドゴシチの市民の好奇心は満たされた。今日は彼に質問ができたからだ。彼は、コンサートの計画、トルンでの勉強、間もなく発売になるという最新アルバムについて語った。
(引用終わり)



ブレハッチの発言の一部が、ビドゴシチの地元サイトに載りました(英語)
3歳の再生不良性貧血の男の子を救うための、骨髄ドナーを探す運動を、ブレハッチが支援している旨も発言があり、別記事でポストされています。
ビドコシチのラジオ曲のサイトでオーディオでも発言が少し聞けます。ブレハッチの声のみに編集されています。別の内容のことを話しています。

(上記英語記事の、ポイントをひろいます。)
彼との対話は、プロの音楽家としての仕事、レパートリー、文献に答えを求めつつ作品の解釈を追求すること、など互いに関係するトピック。たまに、演奏で訪れた街でお忍びの観光をすることもある由。(親しい聴衆から招待があったSFの例、でもこれは稀)、数ある演奏会の提案からどれを選ぶかは、選曲に合った楽器があるか、ホール、音響、調律師とのコミュニケーション、等による。こうした条件を最高度に満たすホールが、アムステルダム、ミュンヘン、チューリッヒにある、と彼は言う。

「上記のホールはとても気に入っていて、いつでも喜んで演奏に行きたい。」
ショパンコンクールの優勝者としては珍しく、日本で演奏するのが好き。また、音楽を尊敬し、しっかりと集中して聴いてくれる聴衆がいるドイツで演奏するのも好き。パリ、アムステルダムも。

ショパンコンクールの覇者になることは、人生における革命でしたか、と、地元の方からの質問に対し、
「確かに重大な分岐点でした。これによって音楽家のキャリアを築くことになりましたから。」

これによって、人生は大きく変わると予想はしていたが、
「その後の現実は、全く未経験の領域でした。前もって演奏会の予定をたてるのだろうとは思っていましたが、3年とか、時には4年後のことを計画するとは思いませんでした。プログラムを2,3年前から組み立てるのが日課となってしまいました。」

はじめは、メディアの喧騒、混みあった記者会見、インタビューの中に身を置くのがつらかった。
「人気は人を疲れさせます。今はずっとましになりました。」と言う。

世界中で名声を得た今も、彼は舞い上がるようなことはない。そのことが、今回のインタビューでもよくわかった。
(以上)
******************************************

去年秋、ショパンコンクールの時期に、彼の恩師ポポヴァ=ズィドロン先生が、審査員インタビューの中で、
「彼は卒業(2007年5月)以来、学校には一度も来ていない。」と述べていました。今回は久しぶりの機会だったのかもしれませんね。



****記事内容や文章を無断で記載・転用・引用・共有することは、ご遠慮ください。

2011年6月29日水曜日

リサイタル・レビュー――ラファウ・ブレハッチ in コペンハーゲン

ラファウ・ブレハッチのコペンハーゲンでのリサイタル(6月27日)に関し、翌日に公表されたレビューから抜粋します。
オリジナルの記事はこちらから

レビュアーのChristine Christiansen は、2010年2月、ワルシャワでのショパン生誕200周年ガラ・コンサートでのヘ短調協奏曲の演奏ではシャイな雰囲気だったラファウ・ブレハッチが、今回、ショパンの演奏に全身全霊をこめ、極めて想像力に富む自由な音楽を造形した、との感慨を述べています。

「ヴルトゥオーゾ的なバラード1番を絶え間のない流れの中で形作り、エネルギッシュで斬新なポロネーズ1、2番も同様に前進する。」


「無造作な巻き毛と窪んだ目と大きすぎるスーツのブレハッチは、自分の持てる身体的能力をいかに鍵盤に伝えるべきか、熟知している。彼のタッチのパワーは凄い。高い姿勢とスポーツ選手的な腕、強力で敏捷な指を観察しほれぼれとした。これらは常に、ショパンの綿密に織られた、響きの良いパッセージを効果的に表現する。手に汗をかくので、ハンカチを取り出して鍵盤をぬぐった後、抑圧感のあるマズルカを滑らかに優雅に演奏した。・・・・」

Christiansenは、前半のプログラムについても、モーツアルトの「リゾンは眠った」で、繊細なニュアンス感覚を見せ、ドビュッシーの「喜びの島」では、熱狂的なテンポの中で、多彩なパステルカラーを、華奢な糸に紡ぐなど、興味深い点を指摘、あまり知られていない、シマノフスキーのソナタ第1番ハ短調を広めていることは賞賛に値する、としました。

「シマノフスキーのソナタは、ショパンとスクリャービンのロシア的要素を合せ持つ。特に、色彩豊かな終楽章は、様々な様式と雰囲気の砲撃を受けているようだ。」
(以上、抜粋)

「自分の持てる身体的能力をいかに鍵盤に伝えるべきか、熟知している。」というパラグラフ、まさにいつもそのように思っていることでした。それで思い出したのですが、この演奏家の多才さを可能にする、鍛え抜かれた技術と身体的要素に触れたレビューが以前アメリカで出たことがあります。読んでいると、ステージできびきび演奏する姿が見え、音色が聞こえてくるような気がします。
by ジョシュア・コスマン、「サンフランシスコ・クロニクル紙」、2008年5月11日、サンフランシスコのリサイタル・レビュー


****記事内容や文章を無断で記載・転用・引用・共有することは、ご遠慮ください。

2011年6月28日火曜日

強い印象を与えたシマノフスキー・ピアノソナタ第1番:ラファウ・ブレハッチ in コペンハーゲン

ラファウ・ブレハッチは6月27日、コペンハーゲンのチボリ・コンサートホールにて、今シーズン最後となるリサイタルを開きました。
プログラム前半最後の曲、シマノフスキのソナタ第1番は強い感銘を与え、演奏後の大喝采とブラボの声には、口笛の音も混じっていたそうです。後半のショパンは、聴衆の心をぐっと捉えました。バラードの最後の音が響き、しばし、会場は静けさに包まれ、爆発的な拍手が起こりました。やがて聴衆全員が立ち上がってスタンディングオベーション。喝采と花束に返礼する形で、彼はアンコールを2曲弾きました。ショパンワルツop34-2と、マズルカ。
終演後、アーチストルームの前には大勢の聴衆が並んだとのことです。在コペンハーゲンのポーランド大使も、聴衆のひとりでした。

(演奏会を観た方のご報告より。)
原文(英語)

来シーズンは9月半ば、ブリュッセルのパレデボザールにて、活動を再開します。
リスト生誕200年を祝し、リストのピアノ協奏曲第2番を、ベルギー国立管弦楽団と演奏します。


****記事内容や文章を無断で記載・転用・引用・共有することは、ご遠慮ください。

2011年6月25日土曜日

最近のラファウ・ブレハッチ

6月22日、ラファウ・ブレハッチはThe Medal for Merit to Culture - Gloria Artis (ポーランド語Medal Zasłużony Kulturze - Gloria Artis)の銀賞を受賞しました。ポーランド文化や遺産の保護に顕著な貢献のあった個人・団体に贈られる勲章で、今年は金賞・銀賞それぞれ4名が受賞したということです。




ズドロイェフスキ文化・国家遺産大臣から、銀賞を受賞するブレハッチ。

受賞者名等、関連記事(英語)









時間は前後しますが、ラファウ・ブレハッチは6月7日、パリのサルプレイエルでリサイタルを行い、好評を博しました。クオリティの高い演奏家のみを厳選する、 André FurnoのPrésentation Piano 4 étoiles (Piano****) (4つ星ピアノ)シリーズのリサイタル。
リサイタル・レビュー(英語)

6月27日には、コペンハーゲンのKoncertsalenにてリサイタルの予定。チボリ・フェスティバル、ポーランド大使館、ワルシャワ市等の共催で、今年後半ポーランドがEU理事会の議長国をつとめる記念という意味合いもあるそうです。
プログラムへのリンク

ポーランドは、2004年5月にEUに加盟しました。加盟前日の夜中に行われた記念式典でラファウ・ブレハッチは英雄ポロネーズを演奏したそうです。

6月30日は、ラファウ・ブレハッチの26回目の誕生日ですね。Happy Birthdayの記事をアップしました。よろしかったらお祝いのコメントでも。
(こちらです。)Birthday wishes to our beloved pianist.



**おまけ
ラファウ・ブレハッチが学んだ、ナクウォ・ナド・ノテチョンの高校が、創立135年のお祝い、だそうです。

**記事内容や文章を無断で記載・転用・引用・共有することは、ご遠慮ください。