Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2011年2月23日水曜日

ラファウ・ブレハッチ、北米ツアーを快調に終了


2月20日のサンフランシスコのハーブストシアターでアメリカ最後のリサイタル、2月22日はカナダのエドモントンでのショパン特別コンサート(協奏曲ホ短調+ソロピアノリサイタル)を順調に終えた、ラファウ・ブレハッチです。

サンフランシスコは2008年5月11日のデビューリサイタルに続き2回目のリサイタルで、ポーランド系の方々も多いことから、聴衆の期待値も大きかったようです。期待を裏切らない素晴らしい演奏に、「私たちはタイタンの出現を目の当たりにした。」とのレビューも。(by ケン・イイサカ)、レビューのタイトルは、「喜びの殿堂):タイタン神と、ドビュッシーの「喜びの島」をなぞったしゃれと思われます。USではSFのみ、アンコール2曲(遺作のノクターンとベートーベンのスケルツォ)、大勢のファンがサイン会に並びました。プロの書いたレビュー(1例)ファンのサンドリン・ジョルジュさん(ペンネームです!)のレビューを英語側に載せておきました。ジョルジュさんは、シアトルから観に行ったそうです。「是非、シアトルでも弾いてほしいわ!どうやったら招へいできるかしら?」
カンザスシティのレビューも出てます。twitterのメッセージもいろいろ目にしました。日本語化する時間を見つけるのは、むずかしいかもしれません。。

エドモントンも、最後には会場の全員が立ち上がって拍手とブラボーを贈ったそうです。(手違いでCDの手配がされず、正式のサイン会はなしでした。)

「エドモントンのコンサート、本当に心からありがとう!!あなたのショパンの演奏は、これまで聴いたどのショパンの解釈とも違っていました。本当に凄い、崇高な演奏でした。またカナダに是非来てくださいね!!」――Facebookのブレハッチのページへの書き込みより

カナダは、2008年5月2日のバンクーバーでのリサイタル以来、まだ2回目の演奏会です。
このブログへのアクセスなどを見ると、潜在ファンはもっともっと多いのでは、と思います。

コンサートを鑑賞した人によれば、ステージの後側など、チケット販売の対象になっていない席をのぞき、ほぼ満席だったとのこと。「ステージににこにこと登場したラファウ・ブレハッチは、とっても透明な感じ。椅子に座ってピアノに向かった瞬間、顔つきが急変。巨匠、という感じ。」とのこと。同行のお父上も、ポーランド協会の方々と一緒に客席からご覧になっていたそうです。アンコールがなかったのが、とても残念でした!


私の友達は、長年の夢がかなって、今回の北米ツアーを機会に、初めて演奏会に行くことができました。
ほんとうに、嬉しいです。

コンサートごとに毎回時差が1~2時間発生し、気温の変動も大きく、体調管理はスポーツ選手並みに大変なのだろうなあ、と、想像してしまったのは、出張先の沖縄のホテルに、巨人軍がキャンプのため宿泊していたから。。

ラファウ・ブレハッチの、次のコンサートは、3月16,17日、パリのサル・プレイエルにて、ベートーベンの協奏曲第4番、パリ管、パーヴォ・ヤルヴィとの共演となります。


エドモントンでの写真。
http://www.polskieradio.ca/TKPJESIEN2008.htmより。
リハ風景の他、コンチェルト・ソロリサイタルの最後の部分の写真が掲載されています。
(Thanks to Konstancja for the info.)

**************************
このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。


2011年2月19日土曜日

カンザス・シティの忘れがたいリサイタル――ラファウ・ブレハッチ

2月18日、カンザス・シティで行われたリサイタルも、スタンディング・オベーションが起きたということです。ハンブルグ製のスタインウェイはとても良い楽器だったとのことです。

このあと、20日のSFと22日のエドモントンの気温差は、摂氏で30℃位あり、体調に気をつけられますように、と、つぶやいております。。SFはほぼ完売、とのことです。

Facebookで見かけた、ある聴衆の感想:
「カンザス・シティでの素敵なコンサートでした!あなたの演奏を聴いて、昔、うんと昔、ニューヨークのカーネギーホールで聴いた、ホロヴィッツの演奏を思い出しました。今夜あなたの演奏を聴くまで、ホロヴィッツより素晴らしく演奏する人がいるなんて、絶対思っていませんでした。ありがとう。」

****************************************

2011年2月18日金曜日

音楽は私の最も大切なもの――インタビューby Polish Times (デトロイト)

デトロイトのPolish Timesというウィークリー紙が、ラファウ・ブレハッチとのインタビューを掲載しました。インタビュー内容を全部テープ起こししたような記事になっています。要点だけ拾います。

English(サマリー)
**オリジナルのインタビュー(ポーランド語)も、2/24にオンラインで公開されました。英語ブログにリンクあります。


1月に新アルバムのためにドビュッシー・シマノフスキの曲を録音したこと、今回のアメリカ公演でも演奏する曲が含まれていること、幼い頃の教会音楽、つまりオルガンが音楽の原点になっているが、国内コンクールに参加する過程で、やがて、ピアノこそが自分の楽器だと認識したこと、音楽について家族等に強制されたことは一切なく、自分で興味と愛情を持ったこと、生まれる前から家にピアノがあり、父上がピアノ演奏が好きで、そのまた父上も楽器演奏が好きだったことも影響していること、やがてビドゴシチで本格的な音楽教育を受け、ポポヴァ=ズイドロン先生のもとで学び続けたこと、いくつかのコンクール、特に浜松に参加する過程で、2005年のコンクールの“戦略”(世間から隔絶して音楽に集中する)が生まれたこと、コンクールの結果は全く予想以上の驚きと喜びだったこと、直後にドイツ・グラモフォンとの契約に結び付いたこと。。

ドイツ・グラモフォンは選曲にあたり、アーチストの自由にまかせているのか、との問いに、
「私はかなりの自由を与えられています。4枚目のアルバムに、シマノフスキの作品を入れることに同意いただいたとき、とても意外で嬉しく思いました。シマノフスキは本当に美しい音楽ですが、ヨーロッパでもあまり知られておらず、ポーランドでさえ、あるべき姿で浸透してはいません。私がこの音楽を提示することが、おそらく自社にとってもメリットになるとドイツ・グラモフォンが考えていることは、彼らが異なったアイディアや斬新なレパートリーも偏見なく受け入れるということを意味しています。これはおそらく重要なことです。アーチストも適切な自由度のもと、好きな形で演奏に集中できるわけですから。」

コンサートツアーの際は、リハーサルをして本番、すぐに次の場所に移動してリハーサル、という生活パターンが多いけれども、ここ2年くらいは、演奏会の翌日予備日を1日入れることで、歴史で学んだ美しい場所を見る時間もとれるようになったこと(例えば、システィーナ礼拝堂など、ローマやベニス)、ショパンイヤーの2010年には45回の演奏会を行い、ショパンに加え、ショパンが敬愛したバッハやモーツアルトの曲も合わせたリサイタルにしたこと、ショパン音楽はなぜ韓国・日本・中国といった国で支持されるのか、との問いに、「ショパンのノクターンやマズルカの持つメランコリックな側面が、例えば日本人のメランコリックな部分にうったえるのかもしれない、でも、この質問の答えはパズルを解くようなもの。」

自分が音楽に専念できるようにするための家族の協力にも言及。「音楽は私にとって、もっとも大切なもの。」通常は父上がツアーに同行し、マネジメント系の事柄を引き受け、ヨーロッパには家族全員が同行することも。リサイタルの後、孤独を感じることなく、家族と会話しリラックスすることで、次の演奏に向け、前向きな気持ちに心をセットできる。ツアーから戻ると、約3年前に実家のあるナクウォ近郊の村に購入した家でひとりで過ごすことが多い。コンクール直後に買ったスタインウェイを好きな時に弾いて、近所に人が住んでいないので、誰にもじゃまされることなく夜中でも弾いて、座って、考えて、森を歩いたり走ったり――健康にも良い、そんな生活をしている。

ショパン以外に好きな音楽は、なんといってもバッハ、そしてモーツアルト、ベートーベン、ドビュッシー。今回のアメリカ公演では、ドビュッシーとシマノフスキの対比、つまり、印象主義と表現主義の対比を示したいと思っている。

是非バッハの録音も、というインタビュアーの声に、そうですね、いずれ、とのコメント。

















(ご協力・セバスティアン・シュチェパンスキ氏:Polish Times、ロマン・フラツコフスキ氏)


***************************************

2011年2月14日月曜日

素晴らしかった、ラファウ・ブレハッチの弾く、ショパン協奏曲室内楽バージョン

2月13日の午後、ミシガン大学ラッカムホールで行われた、室内楽演奏会で、ラファウ・ブレハッチは室内楽バージョンのショパン協奏曲ホ短調を演奏しました(ピアノ五重奏)。
大学のウェブサイトでの聴衆の書き込みや、twitterなど、様々目にしましたが、文句なく素晴らしかった様子が垣間見られます。今回のアンコールは、ショパンの遺作のノクターンでした。

13日の室内楽
11日のリサイタル
(英語のままです。ごめんなさい。)

両方を鑑賞したという現地在住の日本人のカップルの方にメールをいただきました。あまりにも美しい演奏と、サイン会での笑顔での対応ぶりに深く感銘を受けられた様子でした。(どうもありがとうございました!)
日本の方、ほかにも現地の学生さんのブログなど見ました。

そういえば、6日のセントポールのリサイタルでも、
「チケット購入者に日本人っぽい名前があるわ。」(主催者)

****************************************

2011年2月12日土曜日

彼のピアノは大ホールの聴衆にも語りかけた――アナーバーのリサイタル

English

ラファウ・ブレハッチは日本時間の2月12日12時頃、ミシガン大学ヒル・オーディトリウムでのリサイタルを終えました。巨大ホールの会場はほぼ満席で、スタンディング・オベーションとなり、彼はアンコール1曲(ベートーベンのソナタ作品2-2より、スケルツォ)で応えたそうです。

巨大なホールながら音響は良く、主催者によれば、このホールはたびたび著名なアーチストの演奏会を開いているものの(例えば、先月はラドゥ・ルプーの演奏会)、これほどの大喝采になることは珍しいそうです。


リサイタル終了後5時間で、早くもレビューがアップされました。先日のインタビュー記事と同じフリージャーナリストによるもので、とても好意的な内容です。

*************************************

2011年2月11日金曜日

アメリカの記事2つ (セント・ポールとアナーバー)

English 1, 2

Startribune.com(2月8日)は、2月6日のセント・ポールでのリサイタルをレポートしています。

ラファウ・ブレハッチ、ショパン協会の招へいにて、サンディンホールで演奏
「・・・ツィンシティデビューとなるブレハッチは、モーツアルト、ドビュッシー(きらきら輝く”喜びの島”)、シマノフスキ、そして、このポーランド人音楽家にとっては自然なことながら、ショパンを演奏した。
ふわふわ髪の25歳は、実物はもっと若く見えるが、燃えるような、雷鳴のような演奏を轟かせ、スタンディングオベーションを受けた。ショパン協会は、世界的に名声のある大物ピアニストを招へいできる力があることを、再び証明した。・・・」

記事では、ブレハッチが同行のお父上と2人で、2月6日のリサイタルの前日の夕方、ミネアポリスの教会の大ミサ、およびその後の行事に出席したこと、DGと契約中のアーチストであることなどが紹介されています。


Annarbor.com(2月6日)は、ラファウ・ブレハッチとのインタビューを紹介しています。
2月11日のアナーバーでのリサイタルと2月13日の室内楽演奏会のプレビューとして、インタビュアーのスーザン・アイザックス・ニスベットが1月に電話でインタビューしたそうです。

マズルカについて、
「5年前はマズルカを全曲録音したいと思っていました。でも今は、それは不可能だと感じます。コンサートでも、速く弾く時もゆっくりと弾くこともあり、その時々の音響や楽器、聴衆の雰囲気でいつも異なります。スタジオの中で録音のために最適な解釈を決めるのは、むずかしいと思います。」

2月11日のアナーバーでのリサイタル・プログラムに、ドビュッシー(喜びの島)とシマノフスキ(ピアノソナタ第1番)を入れていることについて、
「印象主義と表現主義の対比を示すことは、聴衆にとっても興味深いのではないかと思います。」

シマノフスキのピアノ・ソナタ第1番について
「シマノフスキは欧米や、私の国でさえ、あまり知られていません。私が12歳のとき、11歳だったかもしれません。コンサートに行った時にシマノフスキの曲を聴いて、すごく嬉しかった。ショパンコンクールの後、リサイタルでシマノフスキの変奏曲作品3を弾く機会が何度もありましたが、どこの会場でも聴衆はとても好んで、熱心に支持してくれました。そこで、この曲をドイツ・グラモフォンのアルバムに入れよう、演奏会でも弾こうと決めました。このピアノ・ソナタ1番は大曲です。4つの楽章から成り、様々な表現やコントラスト、音色の組み合わせ、そして美しいメロディが展開されます。和声、とくに転調はとても興味深いものがあります。」

2月13日、アナーバーで、弦楽六重奏のConcertanteと、ショパンピアノ協奏曲ホ短調で共演することについて
(フルオーケストラではなく、指揮者もいないが、)
「室内楽のバージョンもよく知っていますし、録音もたくさん持っていて、室内楽の演奏にとても興味があります。何よりもこの曲を愛しています。コンクールの本選でも弾きましたし、今回アメリカで演奏できるのでわくわくしています。」
このコンチェルトの和声や、動きのある部分が好き、ということと、特に3楽章のポーランド舞踊を理解できるポーランド人の指揮者との共演が素晴らしかった、ということも語っています。
ポーランド人であることについて、ショパン音楽を演奏するためにポーランド人である必要はないが、確かに助けにはなっていること(テンポ・ルバートなど)も述べています。

その他、
家にピアノがあったので、幼い頃から自然に音楽に親しむことができたのが重要だったということ、教会音楽が原点なので、幼い頃はむしろオルガニストになりたかったこと、オルガン演奏の経験がピアノでの解釈、特に色彩の面で役に立っていること、今でも近所の教会でオルガンコンサートを開いていること(例えば、去年の12月も)、尊敬するショパンの演奏家は、ルービンシュタイン、ツィメルマン、コチャルスキであることなども語っています。

2月11日のリサイタルのプログラム・ブック(PDF)



*****************************************

2011年2月7日月曜日

本当に特別なピアニスト――ラファウ・ブレハッチ今年初めてのリサイタル@セント・ポール

English

ラファウ・ブレハッチは、2月6日午後3時より、ミネソタ州セントポールのハムリン大学サンディン音楽ホールにて、2011年第1回目のリサイタルを開きました。
350人弱のホールのチケットは3週間前に売り切れ、なお希望者がいたためステージに40余りの補助いすを出すという提案を、ラファウ・ブレハッチは快く受け入れたとのことです。

リサイタルでは前半の終わりと後半の終わり、それぞれスタンディングオベーションとなり、温かい大きな拍手に、ブレハッチはアンコール1曲をプレゼントしました。

演奏後は、スタンディング・オベーションとブラボの嵐。
(ご協力:ミネソタ州フレデリック・ショパン協会)


「神々しい演奏。。ラファウのコンサートは本当に別格の素晴らしさでした。彼の音は、聴衆ひとりひとりの心に深く響きました。そして、彼はなんて純粋で誠実な人なんでしょう!是非また彼を招へいするという特権にあずかりたいものです。なんて素晴らしい日!」
(ミネソタ州フレデリック・ショパン協会、メアリー・シグモンド会長)

** フレデリック・ショパン協会のFacebookのリンクから、このリサイタルの他の写真も見ることができます。同行しているお父上とともにお元気そうです。

アメリカを襲った猛烈な吹雪により、ラファウ・ブレハッチが当初渡米を予定していた日、ポーランド発アメリカ行きのフライトは全便欠航になったそうです。アーチストが到着できるのかという心配など、最後まではらはらしながらも、温かい雰囲気の演奏会を実現したメアリーさんにも、心から拍手を贈りたいです。


(プログラム)
モーツアルト  「リゾンは森で眠っていた」による変奏曲ハ長調 k264
ドビュッシー  喜びの島
シマノフスキー ソナタ第1番ハ短調作品8
ショパン    バラード1番ト短調作品23
2つのポロネーズ作品26
4つのマズルカ作品41
バラード2番ヘ長調作品38

(アンコール)
ショパン ノクターン嬰ハ短調(遺作)

Star Tribuneに、リサイタルのニュースが掲載されていました。(2月8日)

*****************************************




2011年2月3日木曜日

TVPのChopin 1810-2010ウェブサイトより、ビデオ2つ

English

主に、アメリカの方、一部日本の方向けの記事です。

TVP Chopin 1810--2010 のウェブサイトより、ビデオ2種。

Click♪to watch the video.

ローマとストックホルムで、ショパンイヤー開始 
2010年1-2月、パルコ・デラ・ムシカのアウディトリウム:聖チェチーリアホール(Auditorium Parco della Musica - Sala Santa Cecilia)にて、
ショパンコンチェルト第2番(アンドレイ・ボレイコ指揮、ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団)
+インタビューを受ける、ラファウ・ブレハッチ。
.


Click♪to watch the video.

優勝者―ラファウ・ブレハッチ
2005年のコンクールの発表の様子、ブレハッチのインタビュー
+ショパンコンチェルト第1番全曲(ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、指揮:アントニ・ヴィット)





1つめのビデオは去年の2月に英語ブログにポストしましたが、 (少なくとも)私のPCでは見ることができませんでした。
今は、見られるようになっています。.

2つめのビデオは去年の11月にこちらにポストしましたが、 アメリカでは見られない、とのコメントがありました。.

今日、アメリカの友達から、サイトにアクセスしたら、プラグインをインストールするようプロンプトが出てきて、インストールしたら、ちゃんと見られた、との連絡がありました。(彼女の場合はSilverlightをインストール、とのプロンプトが出てきたそうです。)

去年の2月の時点ではTVPのビデオサイトは全く開いてくれなかったので、その後改善されたのかな、とも思います。

************************************
私の周りのラファウ・ブレハッチのファンの中には、インゴルフ・ヴンダーも好き!という方々の割合が高いように思います。ヴンダーのDGとの契約など、このFBのフォーラムはとても盛り上がっているようです。皆さんの高揚感が伝わってきます。日本人の関心もとっても高いですねー。

契約を伝えるポーランドの記事もちらほら目にしました。(例)
6月には、DGからの最初のアルバム(ショパン)がリリース予定とのことです。

************************************