Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2011年10月26日水曜日

ラファウ・ブレハッチ @ロイヤル・フェスティバル・ホール、10月26日

ラファウ・ブレハッチは、10月26日の夜、ロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールにて、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団と、ショパンの協奏曲2番で共演することになりました。マリア・ジョアン・ピレスの代役で急遽決まりました。25日に最初のリハーサルを行い、BBC3のインタビューを受け、スタジオでの演奏とともに生放送されました。

関連記事・写真・BBCによるインタビューなど(audio、マズルカop41の演奏)→
番組がオンデマンドで聴けるのは10月いっぱいです。

**演奏会は、大成功だったとのことです(27日早朝追記)。→

**The Guardianによるレビュー(28日追記)→

   別のレビュー→(ファンの多くが日頃彼の演奏について感じていることを代弁してくれるような内容です。

このレビューの冒頭に、「ピレスの辞退を知り切符を払い戻した人々にとっては、大きな損失だ。この26歳のポーランド人ピアニストラファウ・ブレハッチの極めて優れた演奏を逃してしまったのだから。私たち聴衆にとって、ロンドンフィルハーモニー管弦楽団にとって、彼が出演してくれたのは、本当にラッキーだった。・・」というくだりがあります。

後半には、ソリストの素晴らしさと指揮者の貢献によって、保守的なこのオーケストラの音がいつになく幅広く、色彩豊かになった、とも書いています。このレビューを見たとき、去年ブレハッチがポズナンでのインタビューで、「オーケストラは(ソリストにとって)最初の聴衆。」と言い、オケとチームとして演奏するのも楽しい、と述べていたことを思い出しました。この時は予定していた指揮者が病気になり、代わりの指揮者やオケがしっかりとソリストに合わせてくれ、公開リハーサルも本番も良い演奏だった、と記憶しています。今回もリハを重ねた成果が出たのでしょうか。(11/4)

2010年5月、ポズナンでのインタビュー

10月25日、BBC3でのインタビュー・演奏の直後

***このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。 記事内容や文章を無断で記載・転用・引用・共有することは、ご遠慮ください。