Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2011年5月14日土曜日

ショパンピアノソナタロ短調 by ラファウ・ブレハッチ

2,3日前に、ラファウ・ブレハッチのショパン・コンクールでの、ショパン・ピアノソナタロ短調の1楽章と3楽章も、Youtubeにアップされました。ソナタは全楽章、でそろいました。



日本ではコンクールのDVDが出ていますし、テレビ放送もありましたので、あまりめずらしくないかもしれませんが、私は彼のこの曲の演奏が大変好きなので、嬉しかったです。
仕事の準備等の合間にちらほら観られる(聴ける)Youtubeは、私にとって本当にありがたいツールです。ときどき、自分の好きなビデオを非公開モードでアップロードして、友人にシェアすることもあります。
便利な世の中ですが、今週は、私が使っているこのブログ、Bloggerというグーグルのサービスですが、サーバーのメンテナンスに起因する問題から、2回にわたって30時間以上ダウンするトラブルが発生しました。サービス提供側がダウンすると、ユーザーはなすすべがなく、便利だけど実はいつもリスクを抱えている現実を実感しました。システムダウンの直前にアップした投稿は、とうとう回復されませんでした。

Bloggerは、日本のブログのように、問い合わせれば答が来るようなシステムはありません。困ったユーザー達はフォーラムで質問しあい、知恵を出し合うしかなく、フォーラムにグーグルの人が参加してくれることは(日本では)、まれです。今回、日本のフォーラムでは、「困ったけど、復旧を待つしかないですね。」と、みなさん大人しかったですが、アメリカのフォーラムは苦情が殺到してすごかったです。このダウンによって、如何に自分のビジネス、活動が悪影響を受けているか、ひっきりなしに抗議が寄せられていました。Bloggerもグーグルの付随サービスもバグがいっぱいある、と日頃感じています。でもレイアウトなどデザインを自由にカスタム化することができ、独自ドメイン名で運用できるので、使っています。シンプルなウェブサイトですが、表紙、静的なホームページ(英日)、ブログ(英日)、コンサート日程(英日ブログ)と、合計7つのサイトをつないだハイブリッドで、サーバーを借りて運用しています。ブログは自由度が高いけど、自己責任、自助努力でやってください、という感じ。いずれにしても、不測の事態は常に起こりうる、ということを前提に、ユーザーとしては常にバックアップ等、めんどうがらずにきちんと準備しておく必要がある、と思いました。