Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2011年4月15日金曜日

ポーランドの特別ショパンアルバム「日本がんばれ」(2)

English

ポーランドで4月8日に発売された、日本支援のためのアルバム「日本と連帯してーー日本がんばれ!」を、今日受け取ることができました。




(このジャケットのデザインは、日本とポーランドの国旗のハイブリッドではないでしょうか?)

内外のアーチスト、スポーツ選手、各界のさまざまな方々そして一般の方々が、それぞれ心づくしの支援活動を行っておられますが、このポーランドのショパンアルバムは、代表的なショパン演奏家の演奏を集め、ポーランドの温かさを感じます。

最初にニュースリリースを見たとき、自分の好きな演奏家も入っているし、アルバムとしても非常に興味深い内容なので、是非入手したいと思い、日本で購入できるのか、ポーランドのラファウ・ブレハッチつながりの友人2人に問い合わせたところ、
「買って送ってあげる。心配しないで。日本のためにもなることだしね。」
「広告を見たときから、あなたの分も買うつもりだったよ。私の家族や友達もみんな買うって言ってるよ。」
と言ってくれ、とても有難かったです。

でも購入しました。海外発送なので時間がかかるかな、と思っていたら、予定より早く到着して、うれしかったです。

*************************************
CDの挨拶より

(仮訳)
この美しくユニークなアルバムを謹んで皆様にお届けします。2011年3月11日の地震と津波で壊滅的な被害を受け苦しんでいる、日本の子供たちを助けるため、卓越したポーランド人ピアニストの演奏による、フレデリック・ショパンの作品をおさめています。

ほんの数分間に、全ての人たちとあらゆるものを失った子供たち――家族・近親者も、クラスメートも、友達も、家も、本も、おもちゃも――突然子供時代を奪われ、寂しくおびえている子供たちの悲劇は、他者の苦しみに無関心ではいられない人々を動かしています。

「日本の子供たちに支援を」の呼びかけに、ポーランドのアーチスト達が直ちに自発的に反応してくれたことは感動的でした。バルバラ・ヘッセ=ブコフスカ とアダム・ハラシェヴィチ、クリスティアン・ツィメルマンとラファウ・ブレハッチ、ピョートル・パレチニ、エヴァ・ポブウォツカ、そしてヤノシュ・オレイニチャクといった演奏家達は、異なった時代に録音した自らのショパン音楽の演奏を、共通のアルバムに提供します。演奏者としての権利、印税の権利は放棄しています。彼らの素晴らしい才能と大きな心に、衷心から感謝いたします。

世界中で認知され、日本でも高い評価を得ているポーランド人のショパンコンクール入賞者によるショパンのアルバムを、このポーランドでもっとも偉大な作曲家の作品を敬愛する国として知られている日本のために作るというアイディアは、ポーランド・ラジオ(PR)のプログラム3がイニシアチブをとりましたが、すぐにPRの他の番組やアーチスト関係者の賛同を得ました。プログラム3の運動は、さらに、他の主要なラジオ局、 RMF FM, RMF Classic, Radio Zet, Radio Chilli Zet, Radio PIN, Radio TOK FMにまで支持が広がり、さらに、TVP, TVN, Polsat and Polsat Newsといったテレビ局も参画することになりました。

皆様、是非、このアルバムを購入してください。ポーランド人演奏家によるショパン音楽の演奏を心から味わってください。日本との連帯によって、この大きな悲劇に苦しむ日本の子供たちを助けましょう。

PRプログラム3のプロジェクトの名誉主宰者は、ポーランド共和国大統領、ブロニスワフ・コモロフスキ閣下です。


(Original Polish)
Oddajemy do rąk i serc Państwa piękną i wyjątkową płytę. Wspaniali polscy artysci grają utwory Fryderyka Chopina, by pomóc japońskim dzieciom cierpiącym wskutek trzęsienia ziemi i fali tsunami, które spustoszyły ich kraj 11 marca 2011 roku.

Tragedia dzieci, które w kilka minut tracą wszystkich i wszystko; najbliższych, koleżanki, kolegów, dom, ksiąźki, zabawki, nagle wyrwane z dziecinstwa są samotne i przerazone, porusza ludzi wrazliwych na los innych.

Na hasło "Pomoc dla japonskich dzieci" natychmiast, spontanicznie i wzruszajaco odpowiedzieli polscy artysci; Barbara Hesse-Bukowska i Adam Harasiewcz, Krystian Zimerman i Rafał Blechacz, Piotr Paleczny, Ewa Poblocka i Janusz Olejniczk. Pianisci przekazali na wspólną płytę, własne nagrania muzyki Fryderyka Chopina dokonane w różnych latach, rezygnując z przyslugujących praw wykonawczych i honorariów. Należą się im za to najpiękniejsze podziękowania oraz słowa uznania za wielki talent i wielkie serce.

Idea wydania chopinowskiej płyty polskich laureatów Międzynarodowego Konkursu im. Fryderyka Chopina, uznanych na swiecie, a cieszących się szczególną estymą w Japonii, w kraju znanym z uwielbien dla muzyki największego polskiego kompozytora, powstała dzięki inicjatywie Programu 3PR srodowiska artystyczne. Projekt Trójki poparły i zdecydowały się objąć patronatem medialnym ponad podziałami inne wiodące rozgłosnie radiowe; RMF FM, RMF Classic, Radio Zet, Radio Chilli Zet, Radio PIN, Radio TOK FM. W akcję włączyły się również; TVP, TVN, Polsat oraz Polsat News.

Wszyscy razem zachęcamy Państwa do kupienia tej płyty. Sprawią sobie Państwo prawdziwą przyjemnosc, słuchając muzyki Chopina w znakomitych wykonaniach polskich pianistów oraz będą. Państwo Solidarni z Japonią niosąc pomoc japońskim dzieciom tragicznie doswiadczonym przez los.

Honorowym Patronem akcji Programu 3PR jest Prezydent Rzeczpospolitej Polskiej - Pan Bronisław Komorowski.

************************************
このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。