Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2011年4月8日金曜日

ベルリンのリサイタル成功裡に終わる。

4月7日のベルリンのコンツェルトハウスでのリサイタル、要求度が高いと言われるベルリンの聴衆から、前半・後半とも熱心な拍手喝さいが起きました。ラファウ・ブレハッチは、アンコール1曲で応えました。

リサイタルを見に行ったポーランドの方によれば、アンコールは、ベートーベンのソナタop2-2スケルツォでした。(後日、詳細なレポートを書いてくれるそうです!)

*****************
ショパンが1845年から48年の間に書き、第2次大戦中に失われた手紙6通が、ワルシャワに戻ったというニュース。(BBC、3月24日)

****************
ジャパンアーツFacebookに、ユンディ・リからのお見舞いの言葉(手書きの中国語)が掲載されています。
ジャパンアーツのウェブサイトでも見られます。

****************
ドイツ・グラモフォンと Deccaが、Classics for Japan – Music for Healing を4月6日にリリース。デジタル・オンリーで、iTunesで購入できます。売上は日本赤十字に贈られます。