Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2011年4月6日水曜日

至高のリサイタルをベルリンで。

ラファウ・ブレハッチは、4月7日、ベルリンのコンツェルトハウスでリサイタルを開きます。昨年11月のベルリン・フィルハーモニー・ホール以来、約4カ月ぶりのベルリンとなります。


コンツェルトハウスのウェブサイト(プレビュー、ドイツ語)
このプレビューの英語
昨年11月のベルリンでのリサイタルのレビュー(日本語)

 ジャンダルメンマルクト広場にある、コンツェルトハウス;
写真をクリックすると、プログラムブックが見られます。.
コンツェルトハウスの歴史(英語)

アーチストと聴衆(ポーランドの方も多いと予想されますが)にとって、素晴らしい体験となりますように。

************************************************
ベルリン放送交響楽団が、3月26日、日本支援のチャリティコンサートを、ベルリン大聖堂で行いました。ブラームスのドイツ・レクイエムを演奏。大聖堂のカントールTobias Brommannが指揮、ベルリンのいくつかの合唱隊が参加しました。
ベルリン放送響は、2009年2月の来日ツアーにて、ラファウ・ブレハッチ、樫本大進と、ベートーベンで共演しました。樫本大進も、ベルリンフィルとして音楽家として、さまざまな日本支援のプログラムを行っておられますね。

ベルリン放送響のニュースリリース
(3月28日をご覧ください。)

ジャパンアーツのオーケストラブログに、詳細なレポートが掲載されています。