Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2011年4月30日土曜日

百聞は一見にしかず。アナーバーのラファウ・ブレハッチ、2011年2月11日、13日。

ラファウ・ブレハッチが2月11日と13日にミシガン州アナーバーで演奏会を開いた際のスナップ写真を、 © George Szelazek Photography, Michigan US. で見ることができます。
11日のリサイタルの後と、13日の室内楽演奏会のカーテンコールの場面です。

26枚の素敵な写真を撮ったのは、ミシガン州在住のGeorge Szelazekさん。写真のリンクをブログにポストしていいですか、と問い合わせたところ、

「君は世界で最も偉大なピアニストのひとりのためにウェブサイトを書いているんだね。
ありがとう。」

と、温かい言葉をいただきました。

彼のウェブサイトには、
「私のギャラリーにようこそ。
百聞は一見にしかず。」

と、英語、ポーランド語で書かれていました。

********************************************************************


こちらは、去年の10月3日付け Gazeta Pomorskaの記事に関する写真です。

ポーランドのナクウォ郡にある村の学校。自治体の予算が足りず、日本で言う第三セクターのような形でここ2,3年は運営され、手狭なことから拡張工事が行われていましたが、去年の秋にそれが完成、竣工式とミサが行われました。新しい学校の旗が贈られ、写真のような記念碑ができました。記念碑にパトロンとして名前が入っているユゼフ・ブレハッチ氏は、ラファウ・ブレハッチの曾祖父にあたります。戦前と戦後の数年間、この村の学校の教師(記事では、kierownikとなっており、校長?)でした。記念碑の除幕は、ラファウ・ブレハッチのおじのロマン・ブレハッチ氏が行いました。ラファウ・ブレハッチは日本ツアー中で不在でした。

ブレハッチ家は、曾祖父、祖父、父上、おじ上、いずれもピアノを愛好する(した)方だそうですが、ラファウ・ブレハッチの子供時代の出来事を記したルポルタージュに、そのあたりのことも書かれています。こちら(英語です。)


**この記事は去年の10月にウェブで見かけたのですが、その頃は来日の話題が多く、音楽家としての彼に直接関連はないことから、アップしていませんでした。
なお、この学校の件では、ラファウ・ブレハッチと彼の家族・親族の多くが寄付をなさったそうです。この記事には書いてありませんが。。。


******************************************