Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2011年3月23日水曜日

マドリッドからローマ・ボローニャへ――ラファウ・ブレハッチのリサイタル

ラファウ・ブレハッチは、3月22日、マドリッドの国立音楽堂でのリサイタルを終えました。聴衆の喝采に応え、アンコールを2曲弾きました。現代的なデザインのホールは非常に素晴らしく、彼にとって本当に大成功の演奏会だったということです。

この後はイタリアに舞台を移し、25日にローマの聖チェチーリア音楽院 、28日にボローニャのMusica Insiemeにて、リサイタルを開催します。

聖チェチーリア音楽院ウェブサイト

同様の内容のプレビューですが、"Piccolo Grande Blechacz" というタイトルがついていました。
「小さな巨人ブレハッチ」とか、かえって訳さない方が感じがでてるかな、って思いました。
(Excerpt)
".....Five years have passed and Rafał Blechacz is now fully included in the empyrean of the most extraordinary performers of the entire piano repertoire, with a natural predilection for his illustrious compatriot, Frederic Chopin. The sparkle of his fluid fingering, the freshness with which he redraws on the keyboard more lyrical moments without any shadow of rhetorical emphasis, the prodigious technique that allows him to address rigorously the authors of the classical period and to return them with a surprising maturity for his very young age, making him one of the artists to be followed with increasing attention.

Back to Sala Santa Cecilia after the exciting debut last year with the Second Concerto by Chopin.....".

ボローニャの Musica Insiemeのプログラムサイト

***********************