Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2011年2月19日土曜日

カンザス・シティの忘れがたいリサイタル――ラファウ・ブレハッチ

2月18日、カンザス・シティで行われたリサイタルも、スタンディング・オベーションが起きたということです。ハンブルグ製のスタインウェイはとても良い楽器だったとのことです。

このあと、20日のSFと22日のエドモントンの気温差は、摂氏で30℃位あり、体調に気をつけられますように、と、つぶやいております。。SFはほぼ完売、とのことです。

Facebookで見かけた、ある聴衆の感想:
「カンザス・シティでの素敵なコンサートでした!あなたの演奏を聴いて、昔、うんと昔、ニューヨークのカーネギーホールで聴いた、ホロヴィッツの演奏を思い出しました。今夜あなたの演奏を聴くまで、ホロヴィッツより素晴らしく演奏する人がいるなんて、絶対思っていませんでした。ありがとう。」

****************************************