Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2010年3月30日火曜日

ブレハッチ、チューリッヒにて、ショパンのノクターン(遺作)を演奏

3月29日、チューリッヒの演奏会でのアンコール1曲目、ラファウ・ブレハッチは、ショパンのノクターン嬰ハ短調(遺作)を演奏しました。
「これが、ポーランドがナチスの占領下にあった時、ヴワディスワフ・シュピルマンの命を救った曲です。」と観客に語ったそうです。
チューリッヒは、シュピルマンの実話にもとづく映画「戦場のピアニスト」の監督、ロマン・ポランスキが昨年、30年前の事件の容疑で逮捕された場所です。
ラファウ・ブレハッチが演奏会の場でこうした発言・行動をとった例を、私は他に知りません。

「・・大変話題になった『戦場のピアニスト』も観ました。まさに音楽のおかげで生き抜いたピアニストの話で、印象深かったですね。この映画のロマン・ポランスキ監督とたまたま飛行機で乗り合わせたことがあって、サインをもらいました。・・・」
主人公のシュピルマンは、ピアニストとしての覚悟があって、エネルギーがあって、本当にすごいと静かに語るラファウ。「ピアニストとしての覚悟」という言葉には、なんだかラファウ自身のピアニストの思いが重ねられているよう。・・・
(2004年月刊「ショパン」11月号より。2004年7月来日時、19歳の誕生日の直後のインタビュー。)

Rafał Blechacz gave a recital @Zürich Tonhalle, 19:30- March 29.


"Rafał Blechacz completed his short Swiss tour tonight in Zürich's Tonhalle.
There was a standing ovation and enthusiastic acclaim.

He played two encores, the first one, Nocturne cis-moll by Chopin,
Rafał announced to the audience as the one that saved Władysław Szpilman's life during the Nazi occupation of Poland,

(Szpilman was a Polish pianist and composer who was the main character in the Roman Polanski's Palm D'Or (Cannes) winning movie The Pianist)".





@Hamburg, Oct.2009



(News from Roman Frackowski -with appreciation.)



Sound track of "The Pianist"






Władysław Szpilman plays the Nocturne in C sharp minor.
From this site, I was able to listen to other performances by Szpilman, especially of Chopin's.



"...It was quite impressive a story of the pianist who was able to survive thanks greatly to the music...
Szpilman, the protagonist (of The Pianist, directed by Roman Polanski), has a firm resolution as a pianist, energetic and really amazing,"
---says Rafał quitely but with enthusiasm.
(Rafał Blechacz, interview in Japan in July, 2004)

********************

このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。

2010年3月18日木曜日

TV ARTEによる、ラファウ・ブレハッチのハンブルグでのリサイタル・ドキュメンタリー(ビデオ)

TV program of documentary series "Maestro", directed by Victor Grandits
which was aired on March 7, 2010 via TV ARTE, is now available via YouTube.

The TV program was produced at a time when Rafał Blechacz gave a recital at Laeiszhalle, Hamburg on October 6, 2009.

TV Arteで放送されたラファウ・ブレハッチのハンブルクでの演奏会の一部+インタビューがYouTubeにアップされました。ドイツ語の吹き替えになっていますが、オランダのヤンさんがまた英語に訳してくれました。
演奏中の手がいろいろな角度からよく見えます。これは一見の価値ありデス。

Blechacz spoke in English but in the TV program, it is partially voiced-over by German narration.

Jan, a fan of Blechacz in Holland translated the German back into English, which is placed under each video with approximate time.

Let me thank Jan thousands times for giving us the clue to understand what is discussed here.

(It often deeply impresses me that people of the Netherlands and some European countries command multiple languages; if I can be born again I want to live in such a cosmopolitan environment.)

Please understand that some English wordings here may have been changed from the original remarks by Blechacz in the process of conversions between two languages.

These videos have been uploaded with HD (high definition) enabled on YouTube.
I recommend that you go to Youtube site (by right-clicking the screen here for the option) to deal with the videos with the highest definition.



(Chopin Polonaise Fansasie in A flat major op.61)

0:29
For me the most important is to be natural, in life and also in playing the piano. Then the interpretation is authentic, because it is real and the audience can understand it in the right way.

(from Szymanowski Variations in B flat minor, op.3, Variation XII: Allegro con fuoco )

1:16
Seeking for very...extremely original vision of... (sorry not audible)...I'd like to follow.

1:30
Because for me it is important to understand the core and all composers intentions.

2:30
Of course I can show my emotions but an interpretation must reflect both: my own feelings, those of the composers as well as the style of the composer.

(Chopin Mazurkas op.17-2, 3)



00:05
When I took part in the Chopin Competition a dream came true. I had no idea how well the others were. Before and during the competition I had no contact with other participants. I did not know their level. I did not watch TV, or listen to the radio or read newspapers. I wanted to concentrate on my own program. I think it helped me to get the right concentration.

(Chopin Heroic Polonaise op.53, from 2005 Chopin Competition)

01:26
When I heard the results. I was very very happy. The first prize: for the best mazurka, polonaise piano concerto and piano sonata. And the second prize was not awarded. Krystian Zimerman sent me a wonderful letter with congratulations and he wrote that from now on your life will be completely changed.

(Chopin Ballad No.3 in A flat major op.47)

07:25
I am always very happy when I can share my experience with the public. For an artist it is very important to collect stage experience. I see that it changed my own playing after experiences with the public/audience. In my case often it is my idea and intuition that makes my interpretation. I know simply how a certain part must sound specific.

(Chopin Prelude in E minor op.28-4)




00:02
Of course Chopin’s music is very close to me, to my heart. There are emotions that I can understand very well. Like melancholy, grief, desperation, which are in mazurkas. But in Chopin’s music there is also joy, especially in the early compositions, as the piano concertos. But when he lives abroad in Paris maybe sometimes he had a lot of sadness and pain. We can hear it. I remember a concert where I played the Mazurka s Op 50 and 17, Op 17 which I also play tonight. The last mazurka Op 17 is very nostalgic and very ….. This is the end….. And when I finished the audience did not react. They did not applaud, it was fully quiet, hypnotized. That was for me a big sign, because I did know that the audience the interpretation, my interpretation, really liked very much. So it was amazing.

(Chopin Mazurka in A minor op.17-4)



(Chopin Polonaise Fantasie in A flat major op.61)

00:01
For example Polonaise-Fantasie … amazing piece, probably the most difficult, because everything is in it. Of course you can find the characteristic elements of the polonaise, the typical Polish dance. Above all this piece has many unconventional moments. It is difficult to explain. For example the end of the polonaise, an unbelievable place, which reminds me an internal struggle, leading to a victory in the end. Specially the last accord is important for me: it sounds like the ultimate fulfillment. That seems to be a little philosophical, but this music has a lot to say. But I can feel that something important is in this music.




(Chopin Polonaise Fantasie in A flat major op.61, continued)

06:27
We experience in our life a lot of emotions and feelings. I will be happy when I can express these into music. This is my role to enter in the emotions of the composer and bring these emotions afresh.

*************************************************************


Rafał Blechacz interviewed by Teresa Pieschacón when the TV program was produced.


From a a blog by a French person who watched this TV program and was astounded and deeply moved by Blechacz's playing Chopin pieces.

Reviews of Blechacz' Hamburg recital, Oct.6, 2009


It's amazing that I can watch such a program at home without going to Germany.
The program is extremely well done, very inspiring, historically important and I suppose it will be watched by next generation, too.
I would like to thank all the people who made it possible to watch the wonderful program.

I also noticed that the German audience is very nice as has been described by Rafał Blechacz several times in interviews; neatly turned out, attentive to the artist's performance and well-versed in music.

"The ultimate fulfillment", suggestive expression, helping me understand a little better the way Blechacz plays the last accord of Polonaise Fantasie.


ラファウ・ブレハッチの演奏と彼の語りのみで成り立っている、シンプルで感じのいい番組だと思いました。余分な解説やアナウンサーの声がなくて、とっても好ましい。

ポーランドではこの番組のフランス語バージョンが放送されたそうですが、フランス語の吹き替えの音が小さく、ラファウ・ブレハッチの英語がちゃんと聞こえたそうです。いいですね。
一般的に、吹き替え、というのは、オリジナルの雰囲気を変えてしまうので、私は好きではありません。(吹き替えのようなことを仕事にしているくせにして。)

この番組はショパンにフォーカスしていますが、番組制作に使われた2009年10月6日のハンブルクでの演奏会では、バッハ(イタリア協奏曲)の評判がとてもよかったそうで、演奏会後プレスや関係者から好意的なコメントがいくつかされたそうです。レビューでもバッハに言及したものがあった、と思います。

そういえば、3月6日のアトランタの演奏会ではドイツ系のお客さんが比較的多く、バッハ(パルティータ1番)の演奏後は熱烈な拍手と叫び(shoutings)だったとか。ブレハッチ的というか新鮮な感じがあって、他の会場でもジーグを弾き終えた瞬間聴衆のため息や、おおっ、という歓声が起きていました。ラファウ・ブレハッチのソウル・ミュージックがドイツをはじめ多くのの聴衆に好意的に受け入れられるのは、とても喜ばしいことですね。


****************************

このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。



2010年3月6日土曜日

ショパン生誕200周年記念バースディウィークガラコンサートでのラファウ・ブレハッチ~レビュー(ポーランド)

2月22日、ラファウ・ブレハッチはショパンバースディウィークの初日である2月22日、ラファウ・ブレハッチはワルシャワにてショパン協奏曲第2番を演奏しました。


Nasz Dziennikに、Temida Stankiewicz-Podhoreckaのレビューが公開されました。主にブレハッチとポゴレリチの演奏を比較する内容ですが、ブレハッチ部分を載せておきます。


このレビューの、Preludia(英語)に載せた記事(ポーランド語のオリジナルのリンクもあります。










ショパン音楽 ― ポーランドの神髄
Themis Stankiewicz-Podhorecka

ショパン生誕200周年を記念して国立ワルシャワフィルハーモニーでこの週行われたイベントはいずれも過去への内省を促した。しかし、この週は非常に多くの肯定的な感情も喚起してくれた。

さまざまな芸術的な感動が喚起された。作品を受け止める上で必要な、ある種のドラマがこうして生まれる。この祭典に参加するため選ばれた(いずれも世界的に名高い)ピアニスト達を見ると、多様性という言葉がぴったりだ。性格も音楽家としてのパーソナリティもスタイルも、そして演奏の美の捉え方も、何よりもショパンの感じ方も、全く千差万別。ブレハッチとポゴレリチを見れば、違いは明瞭だろう。しかし、私たちがなぜショパン音楽に対してポーランド人特有の感情や感覚を抱くのか、その最も根源的な説明をくれたのが、ラファウ・ブレハッチの演奏だった。(ワルシャワ国立管弦楽団、指揮:アントニ・ヴィット)。

ショパンのバースデイコンサートシリーズ(2月22日から3月1日まで、大ホールで開催)において、2人のアーチスト―ブレハッチとポゴレリチは、それぞれショパンのピアノ協奏曲ヘ短調を演奏した(ともに、シューマンの交響曲に加えてのプログラム)。

ショパンを解釈する上で、この二人ほど際立った違いがあり得るだろうか?

ラファウ・ブレハッチ、2005年のショパンコンクールの優勝者。この5年間、国際的なキャリアを見事に賢く築き、同時に芸術家として人格的にも成熟した彼は、どこまでショパンの感情と彼の音楽の神髄を深く理解しうるのかを、まさに私たちに見せてくれた。

最近ブレハッチが語ってくれたところでは、彼はこの作曲家の曲を演奏する際、ショパンのスタイルをこわさないように心がけ、ショパンがこの音楽を書いた時に何を考え何を感じていたのか、また、この音楽が演奏された時のショパンはどうだったのかに思考の焦点を合わせているという。このような親和性を得るための努力、すなわち、作曲家の心理・感情・思考に入り込もうとの努力は、ショパン音楽に含まれるものを最も完全に深く再現するための芸術的な探求によって、さらに、この作曲家の、作品という言語に対する、彼の芸術的な謙虚さによって、実現する。

極めて高貴な、昨今出会うことのできないような態度だ。
だからといって、彼のショパン作品の演奏に、彼の個性や認知できる特徴が欠けている、という意味ではない。協奏曲ヘ短調は、ブレハッチの指のもと、美しく、深く、繊細な詩心と力強い表現力を兼ね備えた形で響き渡った。

しかし、ブレハッチの演奏で最も際立ち、他の演奏家と決定的に異なるのは、ショパンのメランコリックな心情を感じ取り、それを明瞭に表現できる、彼の絶対的に素晴らしい、直感に近い能力である。

ブレハッチはこの協奏曲を、ヴィルトゥオーソ的技術と純粋なスタイルで、また同時に、完全な自由と自発性をもって演奏した。

加えて、彼の美しいフレージングや、指揮者のアントニ・ヴィット、国立管弦楽団との絶妙のコミュニケーションに、聴衆は深く魅了された。
(ブレハッチについては以上。以後はポゴレリチについて。)



********************

このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。



2010年3月4日木曜日

ラファウ・ブレハッチのワシントンDCデビュー、2010年2月27日

English



ワシントンDC,ケネディセンター・テラス・シアターのバックステージ

リサイタル直後のラファウ・ブレハッチ
2010年2月27日

PAPのサイト

U.S. ラファウ・ブレハッチがアメリカにて素晴らしいショパンイヤーの祝典を。

満員となったニューヨークメトロポリタン美術館のグレース・レイニー・ロジャース・オーディトリウムで、彼はバッハのパルティータ1番、モーツアルトのソナタk570、ドビュッシーの「ピアノのために」、休憩後は全てショパンを演奏した――バラード3番op47、スケルツォ1番op20そして幻想ポロネーズop61。第1曲目のバッハから数多くのブラボーの声、ドビュッシーが終わると嵐のようなスタンディング・オベーションとなった。
休憩の後は、曲を弾き終えるごとにより暖かい拍手と喜びの声援が飛んだ。ポロネーズの最後の音がおわるや、聴衆は一斉に立ち上がり、アンコールを求める声はやむことがなかった。そのような高い称賛に、ピアニストはショパンのマズルカop17-4で感謝した。

翌2月27日、ラファウ・ブレハッチは同じプログラムで、ワシントンDCケネディセンターのテラス・シアターにてDCでのデビューを飾った。客席にはポーランド大使のロバート・クピエツキ閣下が夫人を同伴して臨席。ワシントン・パフォーミング・アーツ協会のニール・パール会長が開会のあいさつを述べた。

このリサイタルのチケットは前年2009年の8月に完売した。各曲に対する聴衆の受け止め方は、ニューヨークよりも一層熱を帯びた。演奏が終わると、全員が立ち上がり、ラファウ・ブレハッチに称賛の喝采と声援を贈り続けた。彼はショパンのマズルカop17-41で感謝した。
 

夜はクピエツキ大使閣下夫妻がラファウ・ブレハッチに敬意を表して晩さんに招待し、母親のレナータ・ブレハッチも同席した。3月1日付けのワシントン・ポスト紙にて、音楽評論家のフィリップ・ケニコットは、ラファウ・ブレハッチによるショパンのスケルツォの演奏を「Pure magic! (あまりにも魅力的)」とし、ドビュッシーの「ピアノのために」のトッカータについては「才気ある明瞭さにぞくぞくする」と評した。

アメリカツアーで、ブレハッチはこの後、3月5日20時より、ノースカロライナ州ダーハムのデューク大学にて、3月6日20時15分よりジョージア州アトランタのクレイトン州立大学 のスパイヴィーホールにてリサイタルを行う。

2010年3月3日、ロマン・フラツコフスキ



March 5, 20:00
Reynolds Industries Theater, Bryan Center, Duke University, NC



March 6, 20:15
Spivey Hall, Clayton State University, Georgia

******************************************
このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。


2010年3月3日水曜日

ブレハッチのプレリュードop28の1番と16番が、ヴェッゾーリのプロジェクトのBGMに。

フランチェスコ・ヴェッゾーリによる、「グリード(欲望)」というプロジェクト。架空の香水をめぐり美女2人を戦わせるというストーリーの映画を制作し、ぜいたく品が市場に投入される際の大騒ぎを模して皮肉る、というもの。監督は「戦場のピアニスト」等のロマン・ポランスキー監督。2009年2月にローマでプレミアとなったのですが、そのトレーラーで、ラファウ・ブレハッチ演奏による、ショパン前奏曲作品28の1と16が使われています。



こちらがプロジェクトのトレーラーのサイト(ビデオはYoutubeと同じです)。

プロジェクトのデスクリプションです。

"Last month, Dazed Digital showed the trailer to Francesco Vezzoli's project Greed, a faux ad campaign for an imagined perfume. Directed by Roman Polanski and featuring Natalie Portman and Michelle Williams embroiled in a fierce battle over the fanciful scent, the spurious campaign attempts to isolate and imitate the hype created by the promotion of a new luxury product in the mass market. The premiere of the final film is being shown at the Gagosian Gallery in Rome tonight and DazedDigital are exclusively screening it online".

ヴェッゾーリのバイオです(興味があれば、、)

アメリカの友達が、スイスに住むフランス人のお友達から得たニュースです。
ありがとうございました!

2010年3月1日月曜日

ラファウ・ブレハッチ、ショパンのバースディウィーク・ガラコンサートのリハーサル風景(ビデオ)

2月22日、ラファウ・ブレハッチはショパンバースディウィーク初日のガラコンサートにて、ショパンの協奏曲2番を演奏しました。同日昼間行われたリハの様子がビデオで公開されています。指揮者のアントニ・ヴィット氏と、ブレハッチのお父上のコメントも収録されています。


Video from Gazeta.pl



アントニ・ヴィット氏
「偉大なアーチストが極められる至高な境地には、道なお遠し、ということを、賢いラファウは知っています。そして、至高とはどのくらいのレベルなのか、実際誰もわからないのです。」

ブレハッチのお父上
「ラファウは演奏会の度に、異なった演奏をします。同じコンサートホールで再び演奏する機会があると、”ラファウはまた進化しましたね。”という聴衆の声を聞きます。」

印象的なコメントです。ひとりの才能あふれる演奏家が真摯に道を探求しつづけると、一体どこまで演奏を深めることになるのか、非常に興味深いケースを、目撃させてもらっていると感じます。



以下は英語サイトPreludiaの記事のコピーです。アンカー、ヴィット氏、クシシュトフ・ブレハッチ氏の発言を、ポーランドのファン、ダナさんが英語にしてくださったものです。
ダナさんは、ラファウの圧倒的な演奏を、オケのメンバーが畏敬の目で見つめている、とコメントしていました。

On Feb.24, I posted the video which shows the rehearsal conducted on Feb.22 in Warsaw for the Special Birthday concert for Chopin,
joined by Rafał Blechacz, Warsaw Philharmonic Orchestra and Maestro Antoni Wit.

Dana prepared the transcript in English so that non-Polish fans can understand what it says.
I'm very much grateful to Dana for her commitment to help spread news & info of Rafal Blechacz to many people.




Blechacz's musical intuition

Anchor’s voice:
Chopin dedicated his F-minor Concerto to countess Delfina Potocka but in fact he thought about Konstancja Gladkowska whom he had loved since half a year before. He was then 20 years old. A review written just after the concerto began this way:
“It is a work of a genius. The F-minor Concerto is one of these works, which fill up the concert halls all around the world and only the greatest pianists can play it."
Rafał Blechacz is already one of them. During the rehearsal this morning in the Warsaw Philharmonic, our cameras had only 5 minutes to record Rafal’s Chopin, the one that we will hear this evening. When he appeared on the stage and warmed up his fingers on his Steinway, he was the absolute number one. While listening to his play, the musicians of the National Philharmonic Orchestra were even forgetting about their own rehearsal.

Antoni Wit:
He is very wise and he knows the very top that a great artist can achieve is still far away ( Maestro looks at the ceiling) and actually nobody knows how high it is."

Anchor’s voice:
One says about Blechacz that he plays like Chopin. Another writes about him that since Rubinstein Poland didn’t grow up such a unique pianistic talent; he has an incredible technique based not only on virtuosity but on his unusual musical intuition. This pianist is simply in love with details.

Rafał's father:
I think that every time he plays in a different way. When he comes back to the same concert hall, people say that he is still progressing.

Anchor:
Tomorrow Rafał is flying to the US for a two-weeks’tour starting in Kennedy Center in Washington.

Warsaw is the city where Chopin lived for 20 years; today it is the center of world’s celebrations of the 200th anniversary of Chopin’s birth. Away from the philharmonic halls we still do know so little about him. It is now an occasion for us to discover Chopin again, maybe he would be proud of us but not completely, as we can play him beautifully, but are we able to listen to him too?

***********************

このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。