Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2010年11月21日日曜日

若いソリストと指揮者、若い聴衆のためにショパンの青春の歌

English

11月19日、ラファウ・ブレハッチは、キールのKieler Schlossにて、ショパンのコンチェルトホ短調を、北ドイツ放送交響楽団と演奏しました。
指揮:クシシュトフ・ウルバンスキ (プログラムサイト



聴衆は若い人々が大変多く、大きな拍手に応えて、ブレハッチは遺作のノクターンをアンコールに演奏しました。

前日のハンブルグ国立歌劇場に比べると音響が劣ることから、指揮者のクシュシュトフ・ウルバンスキは、ややテンポを速めて演奏したとのことです。





*********************************************