Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2010年6月29日火曜日

ラファウ・ブレハッチ、ウィーン交響楽団と、ショパン協奏曲2番~レビュー(ドイツ)

(English)
ラファウ・ブレハッチは6月27日に、バード・キッシンゲンにてウィーン交響楽団(指揮:フィリップ・オーギャン)と共演、ショパンのピアノ協奏曲第2番を演奏しました。翌日のMain Post紙に掲載された、レビューです。ブレハッチの関係箇所をピックアップします。


オリジナルのレビュー(ドイツ語)
Preludia(英語)の掲載ページ


キッシンゲン・サマーでのブレハッチ: ショパンがそこに。
ラファウ・ブレハッチ、”ウィーン古典派の夜”に出演

(最初の2パラがブレハッチの演奏に言及)


ピアニストのラファウ・ブレハッチと指揮者のフィリップ・オーギャンは、本当に美しく演奏されたショパンのラルゲットの最後の部分で、コンサートホールの遠くから侵入してきたブブゼラ音やでしゃばりのサイレンに素早く対応した。メランコリックなピアニシモの余韻に浸るのではなく、二人は直ちに生き生きとしたアレグロ・ヴィヴァーチェのフィナーレを弾き始めた。ウィーン古典派の夕べ(Vienna Classical Soiree)はキッシンゲンサマーフェスティバルにウィーン交響楽団を迎えた。ベートーベンのレオノーレ序曲と交響曲第7番の間に演奏したのはフレデリック・ショパンのピアノ協奏曲第2番。ソリストは2005年のショパンコンクールの優勝者ラファウ・ブレハッチだった。


25歳のポーランド人ピアニストに対するウィーンのオーケストラの伴奏ぶりは、ごく平凡なものだった。オーケストラがもっと情熱的に、そして音量を落としてくれればいいのに、と思う向きもあったろう。ブレハッチは冷静に、多様で心地よいアタックを見せた。思うがままにヴィルトゥオーソ的な音や詩的なソロパッセージを滝が流れ落ちるかのように続々と展開する。中間楽章のラルゲットは圧巻―彼は同国の音楽家ショパンを生きていた。感情に満ち、また煌めくような弱音の走句のアッチェレ、若者的な憂鬱さの表出も見事。観客の熱狂的な拍手に応え、ブレハッチはショパンのマズルカ変イ長調31番で返礼した。


(この後、レオノーレとベートーベン7番について~略)




*********************

このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。