Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2010年5月13日木曜日

ラファウ・ブレハッチ、けがのフレイレに代わり、シュヴェツィンゲン音楽祭に出演

ラファウ・ブレハッチは、5月14日、ドイツのシュヴェツィンゲン音楽祭にてリサイタルをすることになりました。当初演奏予定だったネルソン・フレイレが腱炎となり、代役ということで、12日にメディア発表になりました。
2006年のヴェルビエ音楽祭にて、ラファウ・ブレハッチが急病のランランの代役として急きょ演奏し強烈な印象を与えた際のレビューと、彼のインタビューを、以下にリンクしておきました。




On May 14, Rafał Blechacz will play a recital for Schwetzinger SWR Festspielen in place of Nelson Freire. The Brazilian pianist had to cancel his planned recital in the Festival due to the tendinitis. German media has reported that Freire will take a rest until August and the organizer was able to win Rafał Blechacz in his place.

@20:00 on May 14
venue: Rokokotheater, Schloss Schwetzingen


news from speyer-aktuell (German)
news from morgenweb.de (German)
Website of the festival-Blechacz's page (German)



Rokokotheater, Schloss Schwetzingen (←See beautiful pictures of the venue.)


For those who usually follow Blechacz's artistic performances, the news could be a reminiscence of his playing for the Verbier Festival in 2006, when Blechacz appeared instead of Lang Lang who became sick to make a sensational debut.

See a review & a short interview with Blechacz concerning the 2006 Verbier recital