Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2010年4月15日木曜日

ラファウ・ブレハッチの哲学ゼミの教授の談話

英語のブログに載せた記事です。
下の方の日本語をご覧いただきたくて、こちらにもアップしました。


Prof.Ryszard Wiśniewski, professor of philosophy and ethics at UMK (Nicolaus Copernicus University), in an interview as of April 7 talks about a panel discussion planned on April 20, just after the recital Rafał Blechacz gives at the university.

The professor says that Rafał Blechacz wanted to give a concert in Toruń for a long time and it coincided with the jubilee of 10th Festival of Science and Arts in Toruń. He says that Rafał Blechacz is a participant in his doctoral seminar
and seriously interested in philosophy, particularly hermeneutics as the art of artistic interpretation of musical works. It helps so that what is written in notes, what is contained in the score of a musical work, is to give personal expressions as much as possible in the execution of works.
"It seems that for Rafał, philosophy assists in understanding the essence of music works".

Prof.Ryszard Wiśniewski will be a moderator of the panel discussion on April 20. Distinguished panels include Prof. Władysław Stróżewski of Uniwersytet Jagielloński (Jagiellonian University), author of the text for the last album of Rafał Blechacz, Prof. Andrzej Szostek of Katolicki Uniwersytet (Catholic University) in Lublin and the prominent artist Rafał Blechacz.



**Please note that this interview was posted on April 7, before the disaster on April 10.

About the panel discussion, from the site of the organizer (Polish)

About a repertoire of the recital on April 20
(There is a typo for Mozart's sonata.)

"focus" magazine
".... Many cultural events have been cancelled – others are being held in memory of the victims of the disaster, including concerts by the Polish Baltic Philharmonic, the Sinfonia Varsovia, and a recital by Rafał Blechacz".






**Deepest thanks to Dana for sharing the information**



"Rafał Blechacz is one of the finest young pianists in the world. Along with his extraordinary talent he possesses an exceptional intelligence that allows him to understand in depth the music he performs, and a degree of perception that allows him infallibly to grasp the aesthetic and spiritual dimensions of the compositions he interprets. One could say that his sensitivity is akin to that of Chopin himself, and this is perhaps why Blechacz seems predestined to interpret his compatriot's works. Performing Chopin, however, also opens doors to other composers who preceded or followed him. It isn't therefore surprising that Blechacz focuses on Classical and Romantic repertoire as well as Debussy and Szymanowski. His talent and other character attributes are rooted in a deep spirituality that has not only artistic but also metaphysical and religious dimensions. His numerous interests include philosophy, and his musical endeavours extend to the organ music repertoire. Those who get to know Rafał Blechacz personally note the charm and, above all, modesty that seems not to have been adversely affected by fame".
(Władysław Stróżewski)


↑This is what I think the most important part of Prof.,Stróżewski's writing for Blechacz's latest album, which is (regrettably) left out in the actual CD linernotes for the lack of space.


(Japanese)
ラファウ・ブレハッチは世界で最も素晴らしい若手ピアニストの1人である。類まれなる才能に加え、彼の卓越した知性は、演奏する音楽の深部の理解を助け、彼の高い認識力は、解釈する音楽作品の美的・精神的な局面を確実に把握させる。彼はショパンと同質の感受性を具えていると言われ、おそらくそれゆえにブレハッチは、この同国の作曲家の作品を解釈するよう運命付けられているのだろう。さらにショパンを演奏することで、その前後に生きた作曲家への門戸も開かれた。ブレハッチが古典派やロマン派のレパートリーに加え、ドビュッシーやシマノフスキに注力するのも、従って当然の流れなのだ。彼の才能や人格の特徴は、芸術家的側面と形而上学的・宗教的な側面も併せ持った、深い精神性に根ざしている。彼の多岐に渡る関心の対象には哲学も含まれ、音楽的努力はオルガン音楽のレパートリーにも及ぶ。ラファウ・ブレハッチと個人的に出会う機会を持つ人々は、彼の魔法のような魅力と、何よりも、名声を得てもそこなわれることのない彼の謙虚さに心をとめる。

ヴワディスワフ・ストゥルジェフスキ

(以前日本語のブログに載せたことがありますが、ショパン協奏曲のCDライナーノーツでカットされてしまった、最後の段落です。
ヤギエロン大学のヴワディスワフ・ストゥルジェフスキ教授(ポーランド哲学学会会長)――ラファウ・ブレハッチがずっと哲学の個人教授を受けてきた方――が書いておられます。

20日のリサイタルの後、ニコラウス・コペルニクス大学の別室でパネルディスカッションが予定され、ラファウ・ブレハッチ、このストゥルジェフスキ教授、それからブレハッチがしばしばインタビュー記事で対談しているカトリック大学のショステク教授がパネリスト、現在彼が聴講しているニコラウス・コペルニクス大学の博士課程ゼミのヴィシニェフスキ教授(哲学・倫理学教授)がモデレーター、となっています。(同大学哲学研究所のトゥブルスキー教授もゼミ担当教授だそうですが、パネルには出ないようです。)
このブログに載せたインタビュー記事はヴィシニェフスキ教授に対するものですが、教授は、「ラファウは聴講生として、ドクターをとるキャリアパスも可能だが、(その方向にいくかどうかは)まだ決まっていない。哲学の中でも、音楽作品の解釈に関するハーメニューティックス(哲学的解釈学)にとても興味を持っている。」と述べておられ、↑上記英文の部分につながります。

**ハーメニューティックスは聖書や文献を解釈する一連の理論で、interpretationと近い意味合いのようです。語源は古代ギリシャのヘルメス神だそうですが、ヘルメスはコミュニケーションや通訳の神でもあるんですよ。

パネルディスカッションは「音楽作品の解釈」というテーマだと、以前ファンの方が言ってました。予定通り実施されるかどうか知りませんが、ファンの方で、演奏会のチケットは入手できなかったけどパネルは行く、という方々もおられるようです。
演奏会チケットをコンペ(抽選)で入手できた人々の発表記事なども見かけるようになりました。)


*********************

このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。