Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2010年3月30日火曜日

ブレハッチ、チューリッヒにて、ショパンのノクターン(遺作)を演奏

3月29日、チューリッヒの演奏会でのアンコール1曲目、ラファウ・ブレハッチは、ショパンのノクターン嬰ハ短調(遺作)を演奏しました。
「これが、ポーランドがナチスの占領下にあった時、ヴワディスワフ・シュピルマンの命を救った曲です。」と観客に語ったそうです。
チューリッヒは、シュピルマンの実話にもとづく映画「戦場のピアニスト」の監督、ロマン・ポランスキが昨年、30年前の事件の容疑で逮捕された場所です。
ラファウ・ブレハッチが演奏会の場でこうした発言・行動をとった例を、私は他に知りません。

「・・大変話題になった『戦場のピアニスト』も観ました。まさに音楽のおかげで生き抜いたピアニストの話で、印象深かったですね。この映画のロマン・ポランスキ監督とたまたま飛行機で乗り合わせたことがあって、サインをもらいました。・・・」
主人公のシュピルマンは、ピアニストとしての覚悟があって、エネルギーがあって、本当にすごいと静かに語るラファウ。「ピアニストとしての覚悟」という言葉には、なんだかラファウ自身のピアニストの思いが重ねられているよう。・・・
(2004年月刊「ショパン」11月号より。2004年7月来日時、19歳の誕生日の直後のインタビュー。)

Rafał Blechacz gave a recital @Zürich Tonhalle, 19:30- March 29.


"Rafał Blechacz completed his short Swiss tour tonight in Zürich's Tonhalle.
There was a standing ovation and enthusiastic acclaim.

He played two encores, the first one, Nocturne cis-moll by Chopin,
Rafał announced to the audience as the one that saved Władysław Szpilman's life during the Nazi occupation of Poland,

(Szpilman was a Polish pianist and composer who was the main character in the Roman Polanski's Palm D'Or (Cannes) winning movie The Pianist)".





@Hamburg, Oct.2009



(News from Roman Frackowski -with appreciation.)



Sound track of "The Pianist"






Władysław Szpilman plays the Nocturne in C sharp minor.
From this site, I was able to listen to other performances by Szpilman, especially of Chopin's.



"...It was quite impressive a story of the pianist who was able to survive thanks greatly to the music...
Szpilman, the protagonist (of The Pianist, directed by Roman Polanski), has a firm resolution as a pianist, energetic and really amazing,"
---says Rafał quitely but with enthusiasm.
(Rafał Blechacz, interview in Japan in July, 2004)

********************

このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。