Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2010年2月5日金曜日

ラファウ・ブレハッチ、イタリアにてショパン・イヤーの演奏を開始

English

PAP に掲載された、ラファウ・ブレハッチのローマ等での演奏の記事です。
ブレハッチは2010ショパン・イヤーの活動を、イタリア・ミラノから開始しました。

Original (Polish)



イタリア:ラファウ・ブレハッチ、ショパンイヤーをイタリアで始動。

ラファウ・ブレハッチはこの国でショパンイヤーのお祝いを開始した。

ローマ最大のコンサートホール、2800席のパルコ・デラ・ムシカのアウディトリウム:聖チェチーリアホール(Auditorium Parco della Musica - Sala Santa Cecilia)は、1月30日から4日連続してラファウ・ブレハッチの才能を愛する人々で満員となった。(31日日曜日はマチネ、その他は夜の演奏会)
毎日、アンドレイ・ボレイコ指揮、ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団とともにブレハッチが演奏するショパン協奏曲ヘ短調に、ローマの熱狂的な聴衆は嵐のような拍手を贈り、アンコール(ショパンのマズルカ)の返礼を受け、それがさらに間断ない喝采を起こした。

ローマでの演奏に先立ち、ブレハッチはミラノ(26日火曜日、ミラノのヴェルディ音楽院)、トレヴィーソ(27日水曜日、テアトロ・コミュナーレ)でリサイタルを開催、同様に熱い反響を得た。

Roman Frąckowski, 2月4日