Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2009年12月29日火曜日

アルトゥール・ルービンシュタイン国際青少年ピアノ・コンクール(2002年)での、ラファウ・ブレハッチ

Archive from Arthur Rubinstein Competition (Poland)という記事を英語のブログに書きました。その日本語です。
2002年にラファウ・ブレハッチがアルトゥール・ルービンシュタイン国際青少年ピアノ・コンクールで第2位を獲得した際の、審査員のコメントを抜粋したものです。
8年前のラファウ・ブレハッチの演奏に対するコメントですが、すでに巨大な才能を静かに発揮している様子が記述されています。
----------------------------------------------------------------




konkursmuzyczny.plは、アルトゥール・ルービンシュタイン国際青少年ピアノ・コンクールの情報を提供している。先ごろ、ラファウ・ブレハッチが2002年、同コンクールでで第2位を受賞した際の、ヤン・ポピス氏のコメントを、同サイトのhistoryページで見た。

残念ながら、この記事はサイトから削除されてしまい(historyを始め、サイトは全般的に工事中の様子)、しかし、このポピス氏の発言は残しておこうと思う。


以下、ポピス氏のコメントを含む、上記サイトで見た、関連部分の抜粋。

(本コンクールの歴史を通じ、)疑いようのない成功例は、16歳のラファウ・ブレハッチだ。この稀にみる才能に恵まれた(ビドゴシチの)国立音楽高等学校の生徒は、ポポヴァ・ズイドロン氏に師事。2002年の本コンクールに出場し、第2位を獲得、以後、国際的なアーチストとしてのキャリアを歩むきっかけとなった。ヤン・ポピス氏が当時、この若き俊英を、次のように語っている。


「我々ポーランド人にとって、ラファウ・ブレハッチが今年のコンクールでファイナリストとなり第2位を獲得したことは、望外の喜びだ。アルトゥール・ルービンシュタイン音楽学校のディレクター、エヴァ・ポスピエフ氏が10年前にこのルービンシュタイン国際青少年ピアノ・コンクールを開始した、その努力が見事に結実したといえる。

大変はにかみやで、とても小さくて可愛らしい、しかし極めて才能あふれるラファウが、このコンクールや課題曲、受賞者のことを知り、2002年に出場し、そしてこれほどの高い賞を得た。

彼の才能は本当に特別だ。しかし、舞台に現れるや、爆発的な才能を見せつけて聴衆をひれ伏させるような、目立つタイプの才能ではないと思う。


彼はもっと内省的な、しかしとても自然で高貴な、音楽の本質に深く浸透するようなタイプで、その点では今回のコンクールで右に出る者はいなかった。

また、最近ラファウのピアニズムは確固としたものになってきた。大曲も素晴らしくこなすようになった。

ラファウはロバート・シューマンのソナタト短調を弾き、ショパンのスケルツォロ短調も素晴らしい演奏をした。

多くの参加者がシマノフスキの曲を演奏したが、変奏曲変ロ短調作品3については、ラファウほど美しく、オリジナリティと洞察力にあふれた解釈は、このコンクール期間中聴くことはなかった。

ラファウは極めて多面にわたる才能を持ち、ナチュラルで深みがあり、真の卓越性を備えたピアニストだ。

今後、彼の音楽性は飛躍的な進歩を見せることだろう。しかし現在すでに彼は聴き手を感動させ、審査員が特に高く評価するような、非常に高いレベルの芸術性に達している。」

(ヤン・ポピス、2002)


 "Pure Beauty!"

と評されるブレハッチの演奏だが、この言葉は2005年のショパンコンクールの際、ヤン・ポピス氏がまず用いた。

今回、2005年ショパンコンクールの最終日のGazeta(05年10月22日付け)に掲載されたポピス氏の寄稿文を読み直してみた。ラファウ・ブレハッチについて、私が様々な情報ソースを集めて知りえた基礎的情報、当時のレパートリー等が、すでに網羅的に書かれていたことに気付いた。なので、ブレハッチをきちんと理解したいと思う方は、この文章をもう一度読まれたるのが効率的なのではないか、と思う。

**************************

このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。