Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2009年11月13日金曜日

Chopin Complete Edition ドイツ・グラモフォンから発売

ショパンのの全曲集がドイツグラモフォンから発売になりました。
ドイツ、イタリアのサイトで見かけました。
日本ではどうなっているのか、知りません。
ピアノの演奏者は、イタリアの広告サイトによれば、アラウ、アルゲリッチ、ピリス、ウゴルスキ、アシュケナージ、ポリーニ、ユンディ・リー、ブレハッチ、ツィメルマン、プレトニョフ、
ドイツの広告サイトによれば、アルゲリッチ、アラウ、ポリーニ、ツィメルマン、ブレハッチ他。
実際はもっと多くの演奏家のものが入っています。

前奏曲はブレハッチです。他は、グラモフォンのサイトに詳細情報が載っています。ノクターンはop62も含めピリス、コンチェルトとバラードはツィメルマン、エチュード・ポロネーズ・スケルツォはポリーニ、マズルカはアシュケナージなどなど。

ドイツ・グラモフォンのサイトや、ドイツのサイトで、各トラックを1分ずつ試聴できます。前奏曲はそれぞれが短いので、たくさん聴けてしまい、いいのかなあ。

歌曲(CD17)はこれまで聴いたことなくて、めずらしく思いました。なんだか当時に思いをはせたりして。
最近聴いて「いいな」と思ったピアノ三重奏は、CD16にありました。