Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2009年9月18日金曜日

ラファウ・ブレハッチ新譜ショパン協奏曲発売前に、好意的なレビュー続々(ポーランド)

ラファウ・ブレハッチの新アルバム「ショパンピアノ協奏曲」は、ポーランドでは本日9月18日に発売となります。

発売前から、すでにいくつかのレビューが、ポーランドのサイトで見られました。
by Magdalena Talik
 by Jacek Marczynski, Father Arkadiusz Jędrasik



いずれも(予想通り)好意的な内容で、ポイントとしては、


・ブレハッチの音自体の美しさ。
・他のピアニストには存在しない、ブレハッチとショパンとの同質性。若々しさ。
・(イギリスの「グラモフォン誌」の評価から)現在世界最高とされているオーケストラとの共演の妙味。
・イェジー・セムコフとの共生。「これがショパンの音、これこそポーランドの音。」(Magdalena Talik)

といったところでしょうか。

Magdalena Talikは、RCOをオーケストラとして選んだことからもわかるとおり、ドイツ・グラモフォンがラファウ・ブレハッチに相当の投資をしていること、
ラン・ラン等、他の若手ピアニストとブレハッチとの違いを書いています。


「ラン・ランの若くアグレッシブな演奏とは異なり、また、多くの若手演奏家が、無理やり個性を見せようと頑張っているのとも異なり、ブレハッチの演奏は、ピアニズムの伝統に根付いている。もし覆面で聴けば、かつてのいずれかの巨匠の演奏と思ってしまうだろう。だからと言って、彼が誰かを模倣しているのではない。彼は自身の見識と技術によって、ショパン独特のテンポや音楽、ダンスのリズムを難なく、自由に、自然に弾きこなす。例えば、ヘ短調3楽章の湧き上がる喜びのマズルカのリズム、それとは対照的な2楽章の郷愁を誘う、とても美しいラルゲット。」





ラファウ・ブレハッチの記事を日々追っていると、ラン・ランとの比較を書いたものに時々出遭います。2人とも、ドイツ・グラモフォンの有望若手ということで。。

私はラン・ランも別に嫌いではなく、でも違うカテゴリーの音楽として、あるいは素晴らしいエンターテイナーとして気軽に受け止めていますが、ポーランドのファンの方で、明確に拒絶反応を示している方もいます。ラン・ランのライブ(ベルリンフィル、オザワとの共演)にも行って、録音も何回か聴いての結論だそうです。


プロモーション・ビデオを見ると、ラファウの2番に対する思いとか、レビューで書かれていることがらが、なるほど、よくわかる気がします。

********************************

このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。