Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2009年8月19日水曜日

ラファウ・ブレハッチのCD「ショパン協奏曲」が、ドイツグラモフォンのサイトで視聴できます。

今回も海外の音楽ファンの方に教わりました。

ラファウ・ブレハッチの新CD「ショパン協奏曲第1番・第2番」、
ドイツグラモフォンのサイトで試聴できるそうです。
1番、2番とも、第1、3楽章の一部が聴けます。

こちらです。


視聴したラファウ大好きさん達から、即日届いたメールより(引用させていただきます。アリガトウ)

……特にNo.2、それこそ"Maturity"な演奏だと思いました。このNo.2は、NYでの演奏しか聴いたことないから、特に感動!!
あんなに澄んだ音、どうやったら出せるんだろう?オーケストラ、会場、指揮者が良いだけじゃあの音はだせないぞ~!まさしく、ラファウパワー!ラファウワールド!!ラファウマジック!!!早くCD聴きたいですね!!!! (アメリカ)


素敵!2番の1楽章を聴いていて、いつのまにか笑顔になっている私。笑顔が止まらない。私の大好きな楽章だけど、どの音もこれまでで一番綺麗。1番の3楽章はエネルギッシュでわくわくしました。本当とってもうれしいです。予想してたより、ずーーと美しい演奏。ラファウって天才!でもフランスではCDの発売は来年の2月か3月なんです。辛抱強く、待ちます。(フランス)


もう、ノンストップで聞きました。ラファウの演奏、すごい!!!!
ショパンのような演奏、しかも若い時代のショパンの演奏ね。
ディテイルまでちゃんと聴けました。
ポポヴァ・ズイドロン先生が、以前、ドゥシキニでおっしゃっていました。
「すでにこんなに美しく弾くラファウ。50歳になる頃は、一体どんな演奏をするのかしら?」
私は、すでに思います。コンクールから4年でこんなに進化したラファウは、今から4年後、どんな演奏をするのかしら?(ポーランド)




ユニバーサルのサイトに、ようやく新CDの情報がアップされました。
10月7日の発売です。
すでにたくさんのサイトで宣伝されてますので、予約済みの方も多いと思いますが。。

ご存知のように、ライブとゲネを含め、1回3時間~3時間半の録音セッションを6回も続けた中から選び出した、エッセンスの結晶です。アーチスト達の汗とこだわりと喜びを、ありがたく受け止めたいなあ、と思っています。



さて、他のラファウ大好きさん達と同様、きりんも、結構ショック状態です。
ピアノってこんな風に弾けるものなの?
オケもすごい。ソリストが言ってたとおり。
ファゴットもホルンも、こんな風に吹けるものなんですか?

本当に、ラファウ・ブレハッチはこんなに若いのにとってもmatureになってしまって、この先どうなるのか心配。
と、以前、彼のモーツアルトを聞いた評論家の宇野さんも書いてましたね。  



***********************

このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。