Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2009年4月4日土曜日

ブレハッチとコーヒーを @スイス、インタビュー (Podcast)

「はーい♪」と思わず答えたくなるタイトルですが、
2月にPreludiaにポストした内容なので、ご覧になった方も多いかと思います。

スイスのサイトで、ブレハッチのインタビューがPodcastされています。
在アメリカのファンの方が発掘し、教えてくださいました。

ありがとうございます。いつもいつも。。
彼女のネット・リテラシーのレベルは超高いので、いつもお宝をいただいてます。

ちょうどブレハッチの来日中のタイミングであわただしく、ゆっくり聞いてなかったのですが、
聞きなおしてみると、リラックスしたいい感じでお話なさってます。
ドイツ語の通訳がかぶさっているのですが、ブレハッチの英語の発言も比較的長めに流れているので、
内容がguessできます。

ブレハッチが通常こうしたインタビューで話すようなトピックばかりですが、
ちょっと新しい点として、

「(今はナクウォに住んでおり、ここでの静かな生活ー友達とおしゃべりしたり、教会でオルガンを弾いたり--
も今しばらく大切にしたい、と後で言ってますが)、

大都市の生活も、オペラやコンサートホールに行ったり、他の素晴らしいアーチストにあったりできるので、
たぶん、2,3年したら、ミュンヘンか、ウィーンか、パリに引っ越そうかな。」

たぶん(maybe)を2回言ってますので、ニュアンスとしては、
「いつになるかわからないけど、将来的には大きな都市に越すことも、ありうるでしょうね。」

という感じかな、と思います。

通常は、「自分はナクウォに住みたいと思います。
まだ音楽家としてのキャリアを始めたばかりなので、静かな生活に返ることが自分には必要です。」
とハンコを押したように言ってますが、

現実的にはいろいろな選択肢を考えておられるのでしょうね。
ご本人の言うとおり他のアーチストとの出会い等、音楽活動の今後や、人生での様々な転換点を考えれば 当然のことかもしれません。


ドイツのファンの方によると、ドイツ語の部分で、
「ナクウォを離れる準備ができるのは、かなり先になるでしょう。」
と言っていたそうです。
(4月16日追記)


リンクはこちらです。
Hören (聞く)か、
Download (MP3) を選んでください。
私はdownload の方がスムーズにいきました。

2008年6月7日放送。ちょっと古いです。
ブレハッチは6月4日のプラハでの演奏会を終えた頃。


* 
2008年、2月末~3月始めにスイスツアーをしたときの収録でしょうか。
直前がイタリアツアーだったので、「イタリアではエスプレッソをたくさん飲みました。」で始まるのですね。






2008年3月7日、チューリッヒにて、演奏会後のサイン会。
PAPというポローニャのメディアが、ほかのメディアに掲載された記事を引用しており、その記事に載っていました。


あ、あと、チューリッヒのホールについて、ブレハッチが「とても音響が良い。」と
最近のポーランドラジオのインタビューでほめていました。
彼は前年2007年の演奏会(コンチェルト)のことを言っているようです。

****************************

このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。