Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2009年4月9日木曜日

ラファウ・ブレハッチ、最近のインタビューから

ブレハッチがポーランドのテレビTVP Kulturaのインタビューを受け、3月24,25日に放送になったということで、
簡単なインタビューの概要をPreludia にポストしました。

本当に概要のみです。また、ポーランドのファンの方に教えていただきました。
ホールのこと、ショパンについて、ドイツ・グラモフォンとの関係、
インスピレーションを得たピアニスト、新しい曲に取り組むアプローチの仕方、

ヘンデルのオラトリオを聴いていること、
(「時代は今、ヘンデルですよ。」みたいな若者的いいまわし。"Mam ere na Handla"なので、"I have an era of Handel."
「今、ヘンデルがマイ・ブームなんですよ。」みたいなニュアンスかな?)、
(注:メサイア等を聴いているそうです。)

哲学の勉強について。といった話題です。


この番組のビデオをご覧になった方は感じられたかもしれませんが、
全体的にブレハッチはなんというか、少しシリアスな雰囲気です。

インタビューアーのHawrylukは時々問い詰めて興味深い答えを引き出そうとしているように見えます。

例えば、ショパンの曲に関し、
「なぜリサイタルの後半ではショパンを弾くのか。ショパンのラベルを貼られて飽きないか。」とか。

ブレハッチは、明確にNoと言っています。
「私はショパンが弾きたい。ずっと弾きつづけます。」
~ここのやりとり、Preludiaでは、ごくさらりと載せ、ショパンのラベルとか書きませんでした。

あるいは、グラモフォンとの関係について、
「将来の曲の選定について、グラモフォンから自由を与えられているのか。」

という点も、相当しつこく繰り返し聞いています。

ブレハッチは、
「基本的に、アーチストとしての自由を認めてもらっており、私が最終的に決断する。」
と何度も言っています。
(ここもPreludiaでは、しつこいやりとりは削除、あっさりと書いています。)


全体的に、ブレハッチは非常に落ち着いて、静かに、しかし確信に満ちた雰囲気を保ち、
しっかりと自分を伝えている印象です。
大変知的で、大人な態度です。


インタビュアーの質問の仕方、やだな、と最初は思ったのですが、
(ポーランドのファンの方は、まるで拷問よ。と憤慨しておられますが、)

結果的に、視聴者は、ブレハッチが人間としても非常に成熟した演奏家である、との好印象を持ったのでは、と思いますし、
その意味で、この番組はブレハッチにとって成功だったと思います。
おそらくそういう結果を予測して、このインタビュアーもわざとつっこんだのかな、
などと思っています。



インタビューを担当した、Jacek Hawryluk
(この写真はラジオ局のサイトから)





このテレビのインタビューの収録と同じ日、3月18日に、
ラジオ番組用のインタビューも行い、3月23日(だったかな)に放送されたそうです。
翌日の演奏会のリハの後、2本収録ということです。

やはりポーランドのファンの方が、一部内容をピックアップしてくれています。
ラジオの方は、TVよりリラックスした、なごやかな感じだったそうです。

好きなコンサートホールと、印象に残る指揮者・オケ
コンサートホールの方は、先日も引用しました。

指揮者の方は、ゲルギエフとプレトニョフ。ラファウがよく引用するエピソードで、
ゲルギエフはリハの間ずっと携帯で話し、空いている方の手で指揮をし、たいそう不安だったが、
本番はあっと驚く素晴らしい出来だった、という話と、
プレトニョフは07年5,6月に日本で共演した際、プレトニョフの編曲によるショパンコンチェルトホ短調で、
まるでラフマニノフかチャイコフスキーのような響きだったが、いい経験だった、という話。

オケはやはり、withコンセルトヘボウ @コンセルトヘボウのサンサーンス、
これは忘れられない素敵な体験、とのこと。

ゲルギエフのエピソードは、古い記事ですが、ブレハッチがもう少し詳しく話したものもあります。
よろしければ。。



また、去年の12月、ベルリンで行った、ドイツのメディアに対するインタビュー、これも概要のみですが、載せておきました。
ベルリン放送響と共演した演奏会のラジオ放送の際、続けて放送されたものですので、
お聞きになった方も多いと思います。
ブレハッチの英語にドイツ語の訳がかぶさってしまっており、
ファンの方に、興味がある部分を拾っていただきました。

無難な内容です。

CDソナタ集に関し、
「historical instumentsで弾くことを試みた。」というのが興味深かったです。
結局は現代の大きなホールには合わないので断念したけれど、
昔の楽器の知識をつむことが、ソナタ演奏の助けになっている、とのこと。

また、ブレハッチがピアノ演奏の際、
internal orchestration とかinstrumentation (心の中で、オーケストラ等の楽器の音色をイメージすること。)
を行っていることから、質問者が、
「その帰結として、将来指揮をすることになるのでは?」

と聞いたところ、ブレハッチは否定はしませんでしたが、「あるとすれば将来のこと」、と流しています。

以前にも、ポーランドのインタビューで、「指揮は?」と訊かれ、
そのときは「やってみたいですね。」と軽く答えていたそうです。


また、室内楽については、リサイタルを重視している現在のフォーカスではないが、将来は行ってみたい、と言っています。

このあたりは、1年位前のドイツでのインタビューとトーンが変わっています。
以前は室内楽には消極的なニュアンスでした。

最近の日本でのインタビューで、「自分自身から最も遠い曲、人に聴かせたくない曲はありますか。」
という問いに、
「その曲を好きな方を傷つけたくないので、秘密にしておきますね。」

という部分がありました。
これも、以前のドイツのインタビューでは、具体的な作曲家の名をあげて、自分としては遠い、と述べていたのですが。

最近は、自分の発言が世界中で聞かれていることを、意識なさっているのかな、などと思いました。

これらのインタビュー、日本語化するところまで手が回らなくて、申し訳ないのですが、
シンプルに書いたつもりですので、ご覧いただければ幸いです。 



*****************************

このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。