Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2009年2月20日金曜日

順風満帆のラファウ・ブレハッチ(2)

さて、19日の横浜みなとみらいでのリサイタル、非常に素晴らしい演奏でした。
観客はおおむねブレハッチのファンで、前日の上野とは様変わりの雰囲気。
一曲目のモーツアルトから、一音一音が美しい響きを持って聞こえました。

2曲目のベートーベンで、はやくもブラボー。たしかにブラボーな出来でした。

ザルツブルク音楽祭での自由奔放な演奏を思い出させるような、繊細だけどダイナミックなピアノ。
本当に思い通りに駒を動かしている感じでした。

シマノフスキーの最終曲を弾き終え、手を大きく上げたあと、手をおろしながら
彼にはめずらしくガッツポーズ。
弾けるように立ち上がったときのうれしそうな表情は忘れられません。

満場の暖かい拍手はとぎれることなく、
オペラシティに続いて、またアンコールを3曲ひいてくれました。
月の光も。

演奏会のごとに進化を見せるブレハッチ。
私は演奏の素晴らしさを表現する単語を使い切ってしまい、たいへん困っています(笑)。

ポーランドのファンによると、12月にベルリンでショパンコンチェルトを弾いたときも、
弾き終えた瞬間、(バンザイするみたいに)大きく両腕を上げ、その勢いで立ち上がってしまったそうです。
(オケがまだ終わっていないのに拍手がおこったと報道されていましたね。)

きっと、心から満足のいく演奏だったのでしょう。ベルリンも、今回の横浜も。

サイン会では、大勢の人が並んでいるのに、ひとりひとりと笑顔で言葉を交わしていました。
きっと、またあらたなラファウファンが生まれたことでしょう。


優秀な会議通訳者で友達のぺこちゃんが、今回初めてブレハッチの演奏会に来てくれました。
7歳のお嬢さんに、美しい音楽を聴かせたいという理由で。
これまでブレハッチのピアノは、私が無理やり聴かせたショパンコンクールの予選の演奏を聴いたことがあるのみです。
動いているラファウは初めてでした。

曰く、
「○○子さん、あなたがどんな感じ方をしているのか、よくわかったわ。
確かにピアノは美しいけど、写真だけじゃ、全然わからなかった。

この人、本物のラファエルなんじゃないの?天使よ、きっと。
私、本当に見えたもの。彼の背中に羽がはえてるの。

普通の人間じゃないのよ。だからこんなピアノの音がでるんだわ。」


*ご両親が、ラファウ(=英語名:ラファエル、三大天使のひとり)という名を決めたときのストーリーが英語ブログに載っています。  



***********************

このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。