Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2009年1月22日木曜日

"ACROS"福岡シンフォニーホール情報誌より

福岡シンフォニーホールの情報誌"ACROS" 2009年1月号より。

今回の曲目、ベートーベンピアノ協奏曲第4番について、ご自身はどのようにイメージされていますか。

この曲は私自身とても好きな曲のひとつです。中でも第2楽章の響きが生み出す雰囲気は、ギリシャ神話で黄泉の国ハデスからユーリディスを救い出したヒーロー、オルフェウスを連想させます。緻密に計算されたオーケストラとソリストとの音の響き合いは、信じられないほどに劇的で、ある一方では恐怖を、そしてその反面では同時に愛情と慈悲の精神を生み出します。この曲は春の季節のような色合いを呈していますが、その曲のドラマティックな面も聴きどころのひとつでしょう。この曲を含め、ベートーベン自身の才能を、音楽家そしてピアニストとして非常に尊敬しており、この曲を演奏できることをとてもうれしく思います。

アクロス福岡シンフォニーホールは2006年11月のソロリサイタル以来、約2年ぶりの公演ですが、今回の福岡公演にかける抱負を教えてください。

前回はショパン・コンクール後、初めての日本ツアーでもありました。私の演奏を福岡のお客さんがとても温かく受け入れてくれたこと、そして福岡シンフォニーホールの音響の素晴しさにとても感動したことを今でもよく覚えています。ホールの大きさにもかかわらず、音がとても美しく豊かに響き渡り、お客さんと演奏を共有することができました。福岡シンフォニーホールでのオーケストラとの共演も、素晴しい演奏になるでしょう。

福岡のお客さんへ向けてメッセージをお願いします。

お客さんの反応は、我々演奏家一人ひとりの人生に重要な役割を果たしてくれます。お客さんと共に美しい音楽を分かち合うことは、私の人生にとって大変意味のあることです。
福岡は2度目の訪問であり、お客さんとの関係もより深く結びつくことが出来るものと楽しみにしています。この絆がより音楽を愛する心に繋がっていただけるものと期待しています。
福岡でお会いしましょう!



アクロス福岡ウェブサイトより(情報誌より詳しい内容になっています。)


**************************

このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。