Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2008年11月17日月曜日

ラファウ・ブレハッチのサンサーンスが放送されなかった件

11月17日の早朝、スペインのラジオ局のWebcastを聞きました。
仕事の資料を見ながらの「ながら聞き」、ですが。
楽しみだったラファウ・ブレハッチのサンサーンス協奏曲2番が放送されず、がっかりなさった方も多いのでは。

私は「ながら」だったのでちゃんと聞いておらず、あれ、なんでラファウさんの部分がないの?と眠い目をこすっておりましたが、
聞きなおしてみたら、プレゼンターが最初に明確に言っていました。

「今朝の演奏会プログラム(現地16日の午前11時からでした。)はもう1曲、ソリストのラファウ・ブレハッチによるサンサーンス協奏曲2番も演奏されました。
これを放送するにはソリストの許可が必要ですが、今回ラファウ・ブレハッチからの許可を得る手続きがとれませんでした。
従って1曲目3曲目を続けて、放送します。」

ということでした。

著作権関連で折り合いがつかなかったのでは、という見方もあるようです。
(であれば、先日のクラララジオのドタキャン→リスケも説明できるかも。)

また、次の機会を待ちたいと思います。

ライブ放送に関しては、過去にもラファウ・ブレハッチの許可がとれなかった件があるそうです。
ヴェルビエは記憶に新しいところですが、2006年夏の「ショパンと彼のヨーロッパ」や、ドゥシニキのショパンフェスティバルでのリサイタルなど。

今回はライブではありませんが、時間差ライブ的でした。
また、曲種としても、演奏家としては大切にしたいところがあるでしょう。

なお、番組の最後に補充で流されたサンサーンスの演奏は、パスカル・ロジェです。
フランスものは概ね録音している方だそうです。  



************************

このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。