Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2008年8月3日日曜日

ラファウ・ブレハッチ2010年ショパンイヤーに国連で演奏

InfoChopinというサイト(7月31日付け)で、2010年のショパンイヤーに関し、
ツィメルマンとブレハッチがとりあげられていました。
原文はこちらです。

ポーランド語なので、機械翻訳にかけて、ブレハッチ部分だけ解読を試みました。
(このサイトには英語ページがありますが、この記事の英語は見当たりませんでした。)
機械翻訳した英語はこちらです。

2010年、ショパンイヤーの記念演奏会シリーズで、ブレハッチ、アルゲリッチ、グリゴリー・ソコロフ、キーシン、ユンディ・リー及びポリーニ(?)が演奏する。

ツィメルマンは記念のソナタのCDをDGから出す。


ブレハッチはショパンイヤーの世界ツアーの間、ニューヨークの国連本部で演奏する。

コンサートカレンダーは3年後までいっぱいだが、
現在はニューヨークフィルとの共演や8月のザルツブルク音楽祭モーツァルテウムでの演奏会の準備に忙しく、

秋にはドイツグラモフォンから2枚目のCD「ウィーン古典派ソナタ集」がリリースされる。

また、トルンのコペルニクス大学(UMK)にて、第2の勉強「倫理学および哲学」を始める予定。

コペルニクス大学はこちらです。

(お願い)ポーランドメディアの記事の無断使用・転載はご遠慮ください。



6月頃、ポーランドのテレビで、ブレハッチが哲学とドイツ語を勉強している、
というレポートがあったそうです。(ポーランドのファンの方より)

ドイツ語は、音楽だけでなく、哲学の勉強にも役立つのでしょうね。



**
国連での演奏会は、結局諸事情で行われないことになりました。(2010年2月NYにて確認、追記。)


**************************

このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。