Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2008年4月29日火曜日

ラファウ・ブレハッチ、ミシガン州ギルモア・キーボード・フェルティバルでアメリカデビュー、好評

ラファウ・ブレハッチは、4月27日、ミシガン州カラマズーで開催中の「ギルモア国際キーボードフェスティバル」でアメリカデビューを果たしました。

場所は、ウエスタン・ミシガン大学のダルトンセンター音楽ホール。

ミシガン州南部をカバーする、Kalamazoo Gazette紙のブログが、28日付けの号外として、演奏会が大成功だった旨を報道しました。


ラファウ・ブレハッチ、スリリングなリサイタルで優雅で多才な演奏を披露

との見出しに続き、フェスティバルの数ある演奏会の中でも、一際際立った才能をもつブレハッチのソロピアノ演奏は喜びを与えるものだったと評価。

全く異なったスタイルの楽曲から成る難しいプログラムで、輝くような解釈を欠点のない技術によって披露、多数の聴衆を圧倒した、としています。


「モーツアルト(k311)は、すばやいテンポで歯切れよく、かつ茶目っ気ある演奏。信じられないくらい粒がそろい、トリル・装飾音は水晶のようにクリアで繰り返しも新鮮。ブレハッチの手により、音符が優雅にはしゃぎまわる。」


「ドビュッシー「版画」では、完全にギア・シフト。例えば「塔」では、ぶっきらぼうなのに豪奢な音で東洋的なドビュッシーのオーラを伝え、ブレハッチのしなやかな手によって、音符はモーツアルトの古典的調べとは全く異なった展開を。」


「シマノフスキー(op.3)はさらに別のアプローチが必要な作品で、ラフマニノフ的(3,11番)、ロシアロマン派的(8番)、ショパン的(12番)要素を含み、この作曲家に明るくない聴衆にとっては素晴らしい贈り物。」


「ブレハッチが生来の親和性を発揮したのは、やはり、ショパンの傑作、「前奏曲」(op28)で、各小曲それぞれのパーソナリティを完璧に顕在化。

例えば、悲しみの象徴である4番では、楽譜が表わす悲哀の一滴をも搾り出すかのよう。9番のあまりにも美しい左手のトリル、神々しい15番、24番の激しい左手と、右手の劇的な半音階のパッセージ。」


聴衆は純粋に彼を支持し、輝く宝石のようなミャスコフスキーの演奏へ。ブレハッチは違いのわかるギルモアの聴衆の心をつかんだ、と結んでいます。



アンコールのミャスコフスキーって、ひょっとして、モシュコフスキーの間違い?と一瞬思ったのですが、どうなんでしょう?彼のレパートリーに詳しい方、教えてくださいませ。 

実際のアンコールは、モシュコフスキの火花でした。(追記)


まずは好調なスタートのようで、ファンとしてはうれしいかぎりです。
北米での次の予定は、5月2日、カナダのバンクーバーです。


***************************

このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。