Preludia - Unofficial website for Rafal Blechacz

Blog

2008年2月15日金曜日

ブレハッチ、ナポリでのリサイタルに関するレビュー(イタリア)

ポーランド人演奏家、情熱的なリサイタルでモーツアルトとショパンを披露
サンカルロ劇場の聴衆、ブレハッチに喝采

ナポリにて。2005年のワルシャワのショパンコンクールの覇者、23歳のポーランド人ピアニスト、ラファウ・ブレハッチ(写真)が、サンカルロ劇場のコンサートシーズンで待望の演奏会を開いた。プログラム後半はショパンの中でも特徴ある、前奏曲op28、ブレハッチは深く、光とインスピレーションを与えるような演奏を見せてくれた。この若い演奏家は、このひとまとまりの作品の価値を復興させるような演奏をした。彼の弾き方は、「素朴にざっと弾く用意ができた(シューマン)」ので、すぐに即興的に弾くというものではなかった。前奏曲の各曲が、スケッチあるいは真珠のようで、未完成さ、メロディのほのめかし、怒りや純粋な感情、あるいは不可解で合理性を避けるような感情を噴出させ、しかしまた、作曲家の詩的な世界をうまく具現化している。非常に病弱で、39歳で亡くなったショパンだが、彼のこの音楽は、その才能、神秘性、ピアニスティックな魅力で思いをはらしているようだ。だから、おそらく何にもまして、この前奏曲は彼にとって最も重要で象徴的な作品なのだ。そして、ブレハッチは、繊細な各曲を深く掘り下げ、それらを正確なモザイクとして組み立てすべてを輝かせることで、完璧な高みを見事に表現した。
ブレハッチは、いかなる瞬間も、まれに見る美しさと澄み切った歌を聴衆に示し、最も有名な前奏曲「雨だれ」で語りかけてくれた。彼が雨だれを弾いたとき、聴衆から自然と拍手がわき起こり、ブレハッチは応えるように微笑んだ。
プログラム前半では、モーツアルトの作品(ソナタニ長調作品311)、ドビュッシーの版画、シマノフスキーの主題と変奏曲作品3が演奏された。シマノフスキーはショパン同様、ポーランドの代表的作曲家で、1937年に亡くなった。あまり知られていないが、伝統と現代性の個人的統合を試みた。この作品3もそうだが、彼の作品はショパンを思わせる悲哀で深く彩られており、類似の気質をもったブレハッチのピアニズムによって、その特徴が明確に演奏されたと思う。ドビュッシーの「版画」では、印象主義を示唆し、多様な色彩感を示そうとしたが、他の曲ほど効果的ではなかった。一方、最初に演奏されたモーツアルトは、古典的快活さに満ち、きわめてドイツ的だった。拍手に続いて、アンコールはショパンのマズルカの一曲。
(評)Umberto Garberini

http://www.vincenzomerolla.it/articoli/napoletani%20fino%20al%2043%20IL%20roma.pdf

MOZART E CHOPIN NEL RECITAL INTENSO DEL PIANISTA POLACCO
Applausi per Blechacz al San Carlo
NAPOLI. Il ventitreenne pianista polacco Rafal Blechacz
(nella foto), vincitore dell’edizione 2005 del
concorso “Chopin” di Varsavia, si è esibito al teatro
San Carlo nell’ambito della stagione dei concerti. Un
recital intenso, culminato nella seconda parte con l’esecuzione
dei Preludi op. 28 di Chopin, opera singolarissima,
che ha visto da parte di Blechacz una lettura
profonda, lucida e ispirata. Il giovane interprete
ne ha restituito il valore di opera unitaria nell’apparente
estemporaneità di brani appena sbozzati e
“disposti selvaggiamente alla rinfusa” (Schumann).
Sono schizzi, o perle, incompiuti, accenni di melodia,
scatti d’ira, visione pura, incomprensibili e sfuggenti
sul piano razionale, ma che bene esemplificano il
mondo poetico dell’autore. Debolissimo nel fisico,
morto a soli 39 anni, la sua musica sembra vendicarlo
con la potenza del genio, del mistero, dell’incanto racchiuso
in piccole forme pianistiche. Perciò, forse più di altre, i Preludi sono la sua opera più significativa
ed emblematica. E Blechacz si è dimostrato all’altezza di un tale compito, sviscerando i singoli brani fino
a farli risplendere in un mosaico perfettamente compiuto, con tutte le tessere al posto giusto.
Ci sono stati anche momenti di rara bellezza, con il canto terso, parlante di uno dei più celebri preludi
(“La goccia d’acqua”), che ha suscitato spontaneamente l’applauso del pubblico durante l’esecuzione e a
cui Blechacz ha risposto con un sorriso.
In prima parte figuravano pagine di Mozart (Sonata in re maggiore K. 311), le “Estampes” di Debussy e
le Variazioni op. 3 di Szymanowski. Insieme con Chopin, quest’ultimo è uno dei più rappresentativi musicisti
polacchi, morto nel 1937, in parte ancora misconosciuto, che ha tentato una personalissima sintesi
fra tradizione e modernità. I suoi lavori sono densi di pathos di chopiniana memoria, come appunto l’op.
3, che si è rivelata probabilmente per questo altrettanto congeniale al pianismo di Blechacz. Meno efficaci
le suggestioni impressioniste e i colori multiformi delle “Estampes” di Debussy, con il suo omaggio
all’Oriente e al folcore andaluso, mentre classicamente vigoroso, fin troppo teutonico, il Mozart d’apertura.
Applausi e un bis con una Mazurka di Chopin.
UMBERTO GARBER

****************************

このウェブサイトに引用している画像・文章等は、著作権を有する所有者に属するものがあります。
このサイト www.blechaczinfo.com 独自の著作物を引用なさる場合は、事前に サイト管理人 にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。